陸乃家鴨/10歳からの家族計画

10歳からの家族計画 1 (芳文社コミックス).jpg
10歳からの家族計画 1 (芳文社コミックス)

■題名は巧い。ただし、そこから想像する内容とはだいぶ違う。

主人公は言ってみればピュアな男子。お前は頭が悪いから遺伝子レベルで頭の良い女の子に惹かれるはずだ、などと兄に言われて以降、確かに惹かれたのはそういう女性ばかり。しかししばらくそんな対象もいなくなった、と思っていたところで遭遇したのは、別の意味で自分にはないものを持っている女の人だった。


強盗を取り押さえた女性刑事にきゅんときて、自身も警察官になる、と進路を決めて、それでようやく刑事課へ。ただし刑事としてではなく庶務係として。甲斐甲斐しいしマメでもあり理想的なお嫁さん、ガサツな女性刑事には向いている、と皆が思ったが残念、彼女の家には家事全般取り仕切る高校生の妹がいるのだった。


という設定だが、同じ職場なのに主人公はそれ以上アプローチしない。刑事は同じ職場の男とよくくっつき、なので職場恋愛禁止令が半分冗談で出ているが、発散相手として主人公の兄を選び引きずり込むという奔放さ。話が破綻しているように見えるが、なんとか話を動かしているのは、女性刑事の「弟」、小学生だが頭脳明晰で落ち着いており判断力がある彼が軸になって物語は進んでいく。


しかし破綻しているのは物語というよりも家族で、それがなんとか形を保っているように見せている、というのがこの作品のポイント。実は主人公の家も刑事の家も、普通の家族ではない。血の繋がりが微妙な部分がある、ということで、擬似家族的な話が明らかになっていく。 まぁ、破綻、というような壊れ方はしていないしミステリでもホラーでもない。が、これ、そういう話だったんだ、と結構あっけにとられる展開ではある。


【データ】
陸乃家鴨 (おかのあひる)
10歳からの家族計画
【初出情報】週刊漫画TIMES 【発行元/発売元】芳文社 【レーベル】芳文社コミックス 【発行日】2013(平成25)年5月1日初版発行 【定価】590円+税
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入
【紙の本】
amazon→10歳からの家族計画 1 (芳文社コミックス)
honto→hontoネットストア - 10歳からの家族計画 1 (芳文社コミックス)(1)_陸乃 家鴨 芳文社コミックス - 本
【公式サイト】
ワイルドな女刑事に超ブラコン女子高生、クールな男子小学生という不思議なメンツの三宅家。子供の頃から報われない相手にばかり惚れてしまう尾津浩人が新たに恋した相手は…!?
10歳からの家族計画│漫画の殿堂・芳文社
■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 陸乃家鴨/戯姉弟
【オススメ】 陸乃家鴨/一緒に暮らすための約束をいくつか
陸乃家鴨/未確認幼なじみ


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM