【オススメ】 タアモ/アシさん

アシさん 1 (フラワーコミックス).jpg
アシさん 1 (フラワーコミックス)

■【オススメ】著者の作品と思って読むとなんかちょっと雰囲気が違う、 オフビートかげんな漫画家アシスタントもの。

題名通り、漫画家のアシスタントの話。ヒロインは 未経験だが自信満々でアシスタントの仕事に入る。 しかし、トーンのけずりも背景の絵も 自信があったのに駄目だしされてしまう。


それでも頑張るアシスタントの話。 職業ものは面白いが中でも漫画家が漫画業界を 描くものは当然一層面白い。 この作品は漫画家を目指してはいるものの 芽が出ずアシスタントに明け暮れる ヒロインを描いている。


昨今では漫画家ものが多くある中で、 この作品は可愛い絵柄ながら結構斜めから 描いており実は辛辣。 著者は表紙折り返しで「漫画家死亡者の漫画ではなく あくまでアシスタントさんの漫画です。」と書いているものの、 担当もつかない漫画家志望者の話 という側面からが逃れられないわけで、 結構毒のある内容である。


ヒロインは地味だが 彼氏はいる、という設定で始まっているのも この手の話としては異質。 少女漫画なので恋愛要素も あるが、絡めるというよりも無理やり 突っ込んでいる感じで、 しかもヒロインがそういうモード になっているのにあっさり流すという コントのような状況。


ヒロインがふらふらする話なので、 その分、周りはかなりきっちりかっちりとした キャラクターで固めている。 変化成長する ラウンドキャラクターを主役にしたら 周囲は性格が固定化しているフラットキャラクターで 固めるというのは、手堅い構成である。


テンポが独特なのは12ページ連載ということもあるのだろうが、 そのために他のストーリーものとも4コマものとも 異質な雰囲気を醸しだしておりユニークである。 ただ、著者のファンが読むと、 好きなテイストと違う、という印象を持つかもしれない。


【データ】
タアモ
アシさん
アシさん 1 (フラワーコミックス) (amazon)/ アシさん 1 (flowersフラワーコミックスα) (honto) 】
■著者の作品レビュー
【オススメ】 タアモ/たいようのいえ
【オススメ】野島伸司、タアモ/スヌスムムリクの恋人
【オススメ】 タアモ/ライフル少女
■著者の作品@amazon→ タアモ

笑いと感動の、まんが家アシスタント物語 浪川睦(なみかわむつみ)は、まんが家のたまご。いつかまんが家になりたいアシさん。 彼氏と別れたり、徹夜が続いたり、後輩に抜かれたり、BLや同人誌の世界にふみこんだり・・・そんないろんなことがある毎日を頑張れるのは、やっぱりまんがを描くことが一番好きだから! 「たいようのいえ」のタアモがおくる、笑えて、泣けて、元気が出る、ショートストーリー15編。
小学館:コミック 『アシさん 1』
【初出情報】flowers 2011年11月号〜2012年2月号、4月号〜2013年2月号 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】flowersフラワーコミックスα 【発行日】2013(平成25)年3月13日初版第1刷発行 【定価】429円+税
■評価→ B(佳作)
■続刊購入する?→★★★★
漫画一巻読破のオススメ→ 2012年のベストセレクション


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM