サイコパス製作委員会、天野明、虚淵玄、三好輝/監視官 常守朱

監視官 常守朱 1 (ジャンプコミックス).jpg
監視官 常守朱 1 (ジャンプコミックス)

■設定は面白いが主人公のキャラクターが凡庸に見える。

アニメ作品「サイコパス」のコミカライズ。人間の精神が数値化された社会、 進路もそれによる適性で決められる。また犯罪を起こしそうな人間、 潜在犯を事前に取り締まることにもなった。


ハードSFとしての設定は面白い。犯罪を起こしそうな人間は犯罪者として逮捕、 拘禁されるが、一方で犯罪者を確保するにはそうした人間の手助けが必要となる、 という仕組みも皮肉。元刑事がそういう扱いをされる社会で、ヒロインは治安を維持する 新任の監視官。元刑事などの執行官を手足に使うのが役目である。


このヒロインのキャラクターが一巻の時点ではミスキャストに見える。 彼女の成長譚なのだろうが、彼女が執行官を信じることにより失敗が起こるらしい 振りがなされているという点で、物語の構成もエキサイティングでなく凡庸。


適性が定められる世界のなかで、彼女は進路を選べるという存在で、 その彼女が監視官という仕事を選び、そして執行官を信じる、 という設定は非常に意味のあるものではあるのだが、 その設定はこの物語の世界においては意味のあるものだが 現代に生きる読者にはさほど意味をなさないものである。 そのミスマッチを埋めるような仕掛けがなされていない、ということは、 主人公の設定がそもそもおかしいのではないか。


【データ】
原作=サイコパス製作委員会、キャラクター原案=天野明、ストーリー原案=虚淵玄(ニトロプラス)、漫画=三好輝 (みよしひかる)
監視官 常守朱(かんしかんつねもりあかね)
監視官 常守朱 1 (ジャンプコミックス) (amazon)/ 監視官常守朱 1 (ジャンプ・コミックス) (honto) 】
■著者の作品@amazon→ 三好輝

人間の精神が数値化されるようになった世界。個人の魂の判断基準となるその測定値を人々は「PSYCHO-PASS」と呼び習わした。数値によって事前に割り出された犯罪者「潜在犯」の捜査に、新人刑事・常守朱が挑む!!
監視官 常守朱/1| | ジャンプコミックス|BOOKNAVI|集英社
【初出情報】ジャンプスクエア 平成24年12月号〜25年2月号 【発行元/発売元】集英社 【レーベル】ジャンプ・コミックス 【発行日】2013(平成25)年2月9日第1刷発行 【定価】438円+税
【掲載情報・次巻予告】2巻2013年6月発売予定
■評価→ C(標準)
■続刊購入する?→★★
漫画一巻読破のオススメ→ 2012年のベストセレクション


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM