【オススメ】 活又ひろき/午後のグレイ

午後のグレイ(1) (ヤンマガKCスペシャル).jpg
午後のグレイ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

■【オススメ】転校生は宇宙人。そして主人公は、宇宙人の実験台になる。

学力も体力も平均点。普通であることに悩み、ひとつでも人より優れたところがあったら、と思う主人公。そんな彼が、かわいい転入生がいる、というので連れていかれたが、彼の目には変な触覚が生えていて肌は灰色で、どうみても、彼女が宇宙人に見えた。


カモフラージュできる物体を身に着けていたのに、主人公だけはなぜか、それが効かずに実体を見破る結果になってしまった。そこで宇宙人は彼を拉致、実験台にしようとする。それは、異星人のDNAをうちこんでどんな変化が起こるのかをみる、「コスモキメラ研究」、しかし研究者である宇宙人の父親はゲームに明け暮れヤル気なし。なので主人公は解放されることになる、のだが、宇宙人の子の、超人を作る実験、という説得に、普通でない人になれる、という誘惑から、主人公は一転して実験台の話に積極的に乗ることに。


宇宙人コメディ。主人公だけが見えるものがある、という内容だが、更に一歩すすめて、実験により身体にいろいろな変化が起こる話に。しかもその変化は一時的なもので、時間がたつと消える、という設定なので、次から次へとバリエーションを見せることができる。


他の人物も絡めたり、逆に宇宙人に地球を紹介したり、と話がうまく回っており、これはなかなか面白い。


【データ】
活又ひろき (かつまたひろき)
午後のグレイ
午後のグレイ(1) (ヤンマガKCスペシャル) (amazon)/ 午後のグレイ 1 (ヤンマガKC) (honto) 】
■著者の作品@amazon→ 活又ひろき

超普通人間・志村太地が通う学校に転入生・灰沼ソルがやって来た。カワイイとウワサの彼女だが、太地だけは本当の姿“異星人”に見えてしまう。ソルの秘密を知った太地は、ソルのお父さん(もちろん宇宙人!)の研究に強引に誘われ、宇宙人の実験台になることに! 普通人間を卒業すべく異星人のDNAを打つ実験に挑戦する太地の身に一体何が起こる!?
月刊ヤングマガジン|午後のグレイ(1)|作品紹介|講談社コミックプラス
【初出情報】月刊ヤングマガジン 2012年7号〜12号 【発行元/発売元】講談社 【レーベル】ヤンマガKC 2254 【発行日】2013(平成25)年1月4日第1刷発行 【定価】552円+税
■評価→B(佳作)
■続刊購入する?→★★★★
漫画一巻読破のオススメ→ 2012年のベストセレクション


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM