押見修造/ぼくは麻理のなか

ぼくは麻理のなか(1) (アクションコミックス).jpg
ぼくは麻理のなか(1) (アクションコミックス)

■気づくと主人公は、憧れの人の中にいた。

上京したが大学で友達ができず、一人でそれでも通学していたが2年のときから通学拒否、引きこもってゲーム三昧な毎日を過ごしていた主人公。そんな彼が出会ったのが、コンビニの天使。彼が出かけたコンビニでたまたま出会い、決まった時間に来る彼女に恋い焦がれて一年。彼女を後をついていき、彼女が振り向いたところまでは覚えているのだが、気が付けば彼は、彼女の体の中にいた。


戸惑いながら彼女としての日常を過ごすことになる主人公。いや、あからさまにおかしいので周囲がなんとも思わないのはおかしいのだが、まぁとはいえどう捉えればいいのかは周りも考えてしまうだろう。


彼女の中にどうやら彼女自身はいない。では彼女はどこか、と思い、彼自身と入れ替わっているのかとおもいきや、どうも彼の中には彼自身がいるようで、では彼女の中にいる自分は誰なのか?そして彼女はどこに行ったのか?彼女のことをよく見ている別のある人物も加わって、彼女探しをする話になる・・・のか?


入れ替わった二人をもとに戻す話はよくあるが、一方だけが入り込んでしまい、消えてしまったもう一方を探す話というのはユニークである。ただ、そこで、主人公に絡んでくる人物が必要だったのかどうか。彼女を知るものとして、事情を知って協力する人物が必要なのは確かだが、その人物の造形は著者らしいと言える。


【データ】
押見修造 (おしみしゅうぞう)
ぼくは麻理のなか
ぼくは麻理のなか(1) (アクションコミックス) (amazon)/ ぼくは麻理のなか 1 (ACTION COMICS) (honto) 】
■著者の作品レビュー
【オススメ】 押見修造/惡の華
押見修造/漂流ネットカフェ
【オススメ】 押見修造/ユウタイノヴァ
【オススメ】 押見修造/デビルエクスタシー
■著者の作品@amazon→ 押見修造

家の中でひたすら暇をつぶすひきこもりの青年。彼の唯一の楽しみは、毎日コンビニで見かける天使のような女子高生のあとをつけることだった。そして今日も、いつものようにあとをつけていたはずが――。『漂流ネットカフェ』『悪の華』など、ココロに秘めた扉をこじ開け続ける押見修造が描く月イチ連載!
ぼくは麻理のなか │ Web漫画アクション堂 - Web限定漫画 無料配信中!
【初出情報】漫画アクション 2012年3/20号、4/17号、5/22号、6/19号、7/17号、8/21号、9/18号、10/16号 【発行元/発売元】双葉社 【レーベル】ACTION COMICS 【発行日】2012(平成24)年12月7日初版発行 【定価】600円+税
【掲載情報・次巻予告】第2巻 2013年初夏発売予定
■評価→C(標準)
■続刊購入する?→★★★
漫画一巻読破のオススメ→ 2012年のベストセレクション


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM