【オススメ】 紗久楽さわ/かぶき伊左

かぶき伊左 壱 (ビームコミックス).jpg
かぶき伊左 壱 (ビームコミックス)

■【オススメ】 若い二人を中軸にした、幕末における歌舞伎の話。時代と対立関係という軸がはっきり。

若く才能あり華もある市村伊左衛門、名家の血筋だがその演技が大根と称される河原崎権四郎、この二人を中軸に話が展開する歌舞伎の話。


つまりは、のちの五代目 尾上菊五郎と九代目 市川 團十の話である。とすれば、市川左團次にあたる人物が出てくる予定なわけか。なるほど。そして澤村矢之助として描かれているのは三代目 澤村 田之助か。「白浪五人男」の演目が明確に出てくるのでモデルは明確、とはいえそのままの名前でないのでフィクション展開の可能性も残しているのかもしれない。


歌舞伎におけるライバルな関係、互いに相手の恵まれた要素に嫉妬しつつ相手が見えていないものが見えている。それだけでも面白かろうが、時代は幕末。明治を迎えて名優となる二人の話だけに、その時代色も取り込んで描かれると、より一層、話は面白くなるだろう。


歌舞伎に興味も知識もなくても、さらっと流して読めばよく、中盤まで来れば話の面白さがわかるはず。オススメ。


【データ】
紗久楽さわ (さくらさわ)
かぶき伊左
かぶき伊左 壱 (ビームコミックス) (amazon)/ かぶき伊左 1 (BEAM COMIX) (honto) 】
■著者の作品@amazon→ 紗久楽さわ

幕末役者奮闘記!

主人公・市村伊左衛門(いちむら・いざえもん)は、 役者であり、若き芝居小屋の主(=太夫元)である。 若い故に、勢いはあるが、失敗も多い。 果たして伊左衛門は一人前の役者・太夫元として大成できるのか。 漫画誌Fellows!で好評連載中の作品「かぶき伊左」がついに単行本化。

かぶき伊左 壱 コミック ビームコミックス 株式会社エンターブレイン
【初出情報】Fellows! vol.12〜15 【発行元/発売元】エンターブレイン/角川グループパブリッシング 【レーベル】BEAM COMIX 【発行日】2012(平成24)年12月27日初版初刷発行 【定価】620円+税
【掲載情報・次巻予告】2013年2月15日発売予定
■続刊購入する?→★★★★★


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM