栗原正尚/神アプリ

神アプリ 1 (ヤングチャンピオンコミックス).jpg
神アプリ 1 (ヤングチャンピオンコミックス)

■不条理巻き込まれゲームもの、 の割に主人公が楽しんでいるところがやや異色か。

高校時代もヤンキーのパシリをさせられていた主人公、 上京すれば漫画家になれると思っていたのに賞にも入らない。 専門学校生だが学校に行かなくなりオンラインゲームにはまる。 ゲームプレイヤーという職業があればいいのに、 という程度の腕前で、あとはウンチクを調べるのが趣味という彼の手元に、 見知らぬ荷物が届く。究極の携帯モニターキャンペーン、 というそれは神アプリを自由に使えるというものだった。


登録してみたケータイからは見慣れぬアプリがあり、 普通ではありえない色々なものにアクセスすることができた。 それを喜んで使っていた主人公は、しかし、悪用できる何かだろうと目をつけた 人物に狙われる。アプリを使って逃げる彼だが、しかし、残り時間制限 の警告表示が現れて、そのケータイが万能ではないことを知るのだった。


アタマを使って危機を切り抜けた主人公。しかし同様にアプリを持つ人物が登場、 そこではじめてこのゲームのルールを知る。不条理ゲームへの巻き込まれもの、 主人公は莫大な借金を背負うことになってしまったのだが、とはいえ そこに現実感はない。出会った相手は主人公の知識と頭脳に一目置き、使えると 考えるのだが、主人公は現実感がない分、このゲームから抜けることを考え、 ルール違反の行動に出る。


要するにアタマの悪い主人公、という感じではあるのだが、一方ではアタマの良いところも見せるわけで、そのへんが辻褄があわない様に見えるが、でもこの作品の場合はそれで良い気がする。 ある程度、地頭のある人間が、自分で招いた危機を切り抜けていく話、と考えると、 どう仲間と連携しあうかが重視される不条理ゲームと同じ線上で考えないほうが良いのかもしれない。


【データ】
栗原正尚 (くりはらしょうしょう)
神アプリ
神アプリ 1 (ヤングチャンピオンコミックス) (amazon) 】
■著者の作品レビュー
栗原正尚/怨み屋本舗 巣来間風介
栗原正尚/リセットマン
■著者の作品@amazon→ 栗原正尚

サエない人生を送る童貞の漫画専門学生・御子柴亮の元に、ある日突然、謎のスマホが届く。それは、ラブホを覗き見できたり信号機を操作できる違法なアプリ満載のスマホ…。神にも悪魔にもなれるスマホを手にした御子柴の行動は!?
コミック詳細|秋田書店
【初出情報】ヤングチャンピオン 2012年No.9〜14 【発行元/発売元】秋田書店 【レーベル】ヤングチャンピオン・コミックス 【発行日】2012(平成24)年10月5日初版発行 【定価】533円+税


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM