いまどきに合ったユニークな教師もの、必読の「VIVO!」全3巻完結。

VIVO! 1 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ).jpg ・やる気のない教師を主人公に据えたユニークな作品「VIVO!」、 その教師っぽくないがそれが逆に教師らしい教師に辟易としていた 生徒を惹きつける、という内容は面白かったが、この先どうするのかな と思っていたところ、3巻という手頃な分量で終了となった。

VIVO!
マッグガーデン・コミック・オンライン - 全部無料で読める! マンガの庭!

VIVO! 2.jpg ・これは、「弁護士のくず 」のような話なのだろう。とはいえあちらの場合は主人公に若干の 演じている感があるの対し、こちらの主人公の場合は実際にそのまんま、 気取りも衒いもなく思ったことを口に出し行動しているだけ。 そこがまた良いのだろう。

・それだけのことをできるには相応の能力が必要であるが 主人公には実際に生活力がある。彼を理解できるのは少数であるが、 そもそもそれで良いと思っている。 主人公を慕う者も少数だがいるわけで、 彼らにとっては他の者他の場所ではなく、主人公のいるその場所が 最も合っていたのだろう。 万人向けの場所などなく、自分に向いた場所は自分で探さないといけない。

vivo!3.jpg ・ある種のユートピアであったが、 そこが学校であるので、その先には卒業があり、 つまり別の居場所を探す必要がある。 居心地の良い場所に終始しては 成長が止まってしまう。 だからこそ、ますます主人公のような性格の人物が 似合うのだろう。 この、学校が舞台である点で、先の「弁護士のくず」と違い、 登場人物が固定される一方で時間が流れ、結果 3巻で完結することになるわけだ。主人公が教職を 自らのしごととして考えていない点も大きい。

・人生の中のパートタイムにおける良い経験を 切り出したのがこの作品である。 こうした出会いがあったなら、その人は幸運なのだろう。 ただ本当に幸運な人は、過去を思い出し反芻したりはせず、 ずっと前を向いて常に幸運を携えて進んでいくように思うが。

・いい終わり方をしているのだが、それでも、 いずれ何年か後の話を描いて欲しくもある。

一巻レビュー→ 【オススメ】 瀬川藤子/VIVO!

史上稀にみる、 本当の意味でいいかげんな教師。そして、これが心地よい。

月間まとめ:当月の2番めにオススメしています→ このマンガ一巻がすごい!2011年11月編 マンガ一巻読破

年間まとめ:6番めに紹介しています → 2011年のベストセレクション マンガ一巻読破

金八先生のような教師ばかりじゃ息が詰まる、というのがマンガ読者では主流の考え方なのではないかと思う。共感を持って読む人が多そうな、教師らしくない教師の話。しかし、そこがいいという生徒もいる。とはいえカリスマ化や神格化されるような教師ではない。そこが良い。 これは、学校通っているような子に読んでほしいなぁ。気が楽になる人もいるだろうから。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM