【オススメ】小路啓之/犯罪王ポポネポ

犯罪王ポポネポ 1 (ヤングジャンプコミックス).jpg
犯罪王ポポネポ 1 (ヤングジャンプコミックス)

■【オススメ】犯罪王の話、ではなく、犯罪王にでっちあげられて刑務所に送られた少年の話。

少年は刑務所に収監された。数々の伝説を持つ犯罪王として。所内で生まれ初めての犯罪が脱獄、以降何度も撃たれるが生き残った奇跡の人物。一般人からの人気は高い。そんな彼が、何故か無銭飲食で逮捕されたのだという。少年は、彼とは全く無縁に生きてきた筈の、数字を数えることが取り柄で、おとなしく目立たず欲も出さずに人生を送ってきたのだが、気がつけば彼の身代わりとして、刑務所に送り込まれていたのだった。


誰も犯罪王ポポネポの顔を知らない、ということで少年がその役を担わせられる不条理もの。ただ、そこでジタバタする話かというと、そうではない。そのツイストが、この手の設定ではじめる同様の物語と一線を画している。まぁ勿論色々訴えるのだが、誰も信じてもらえない。その時に絶望したり自暴自棄になるのではなく、まぁ、そうだよなぁ、と諦念する。少年の生い立ちもあってそれが自然なものに映る。


一方で、少年は犯罪王というレッテルのおかげで、周囲からも一目おかれており、また少年自身もそのレッテルが奇妙な状況に置かれた自分の支えになっていることを知る。そして、少年は自身に課せられたことを実行することで、新たな興奮を覚える。それは、子供時代も夢見た、正義のヒーローとしての興奮。悪を倒すことで感じる興奮だった。


正義のヒーローが本当に正義なのか、という視点を、犯罪王というところにかぶせていく捻れかげんが面白く、そうした話なのでどこへ連れて行ってくれるのか、そもそもどこまでが仕立てられたものなのか、興味深い。


■続刊購入する?→ 【買う方向】
評価:B
評価は、A:傑作、B:佳作、C:無印、D:薦めない

【データ】
小路啓之 (しょうじひろゆき)
犯罪王ポポネポ
犯罪王ポポネポ 1 (ヤングジャンプコミックス) (amazon)/ 犯罪王ポポネポ 1 (bk1) 】
■著者の作品レビュー
小路啓之/犯罪王ポポネポ
小路啓之/ごっこ
小路啓之/来世であいましょう
小路啓之/かげふみさん
世界中が恐怖した「犯罪王ポポネポ」が逮捕された。しかし刑務所から脱走、その途中で彼を管理するため付けられていたICチップを主人公・マルキに埋め込んだからもう大変!はたしてマルキの運命は…!?唯一無二の小路啓之ワールドが全開!
犯罪王ポポネポ 小路啓之 集英社 ジャンプ改 JUMPX 公式サイト
【初出情報】ジャンプ改 平成23年vol.1〜24年vol.6、vol.8 【発行元/発売元】集英社 【レーベル】YOUNG JUMP COMICS X 【発行日】2012(平成24)年5月15日第1刷発行 【定価】562円+税


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM