【オススメ】 竹村いづみ/くさかんむり

くさかんむり 1 (ビッグ コミックス).jpg
くさかんむり 1 (ビッグ コミックス)

■【オススメ】わかりやすい設定の異能伝奇アクション。一話完結スタイルで読みやすい。

職を転々としているヒロイン。性格良く、良く気づく。なのに何故かといえば、 それは彼女の素質ゆえ。植物を自在に操るその力は"くさかんむり"と称される家系のもの。彼女の故郷では一族の"けものへん"の子孫を残すことだけが使命とされていた。自我など持たされないその環境から、彼女は思いを持ち、抜けだした。そんな彼女を、いまだに追う者たち。彼女は一人で戦いつつ居場所を探す旅を続けている。


第一話において、ヒロインの立ち位置とその特性、能力が明らかにされる。敵である存在も明確になる。その後は、彼女が場所を移動しながら、その敵に追われるという話を一話完結スタイルで綴る。非常に読みやすいが、しかしその分、単行本で読むと、少し物足りない感じもする。


その読み足りなさが、続刊で解決されるのかどうか。一巻最終話は続刊に繋がる話となっており、この後は敵の存在、動きをどう描くか、あるいは主人公の「味方」」をどう描くか、が焦点となってくる。いま以上に面白くなるかどうかは、その設定次第か。


■続刊購入する?→ 【絶対買う】【買う方向】
評価:B
評価は、A:傑作、B:佳作、C:無印、D:薦めない

【データ】
竹村いづみ(たけむらいづみ)、 原案=古林仁史
くさかんむり
くさかんむり 1 (ビッグ コミックス) (amazon)/ くさかんむり 1 (bk1) 】
小学館:コミック 『くさかんむり 1』
【初出情報】月刊!スピリッツ 2011年5月号〜9月号 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】ビッグ コミックス 【発行日】2011(平成23)年12月5日初版第1刷発行 【定価】524円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM