【オススメ】 松本次郎/女子攻兵

女子攻兵 1 (BUNCH COMICS).jpg
女子攻兵 1 (BUNCH COMICS)

■【オススメ】一応オススメしますが、キチガイな漫画ですので要注意。 女子高生型ロボットの新兵器に乗って戦う戦士の物語。

異次元世界に新天地を求めた人々が分離独立を求め武装蜂起、 地球連合軍との戦争が行われている−という前提のもと、 投入された新兵器が「女子攻兵」だった。


女子高生型した巨大なロボット、その兵器に乗って戦う兵士の 物語。なんだそりゃ、だが、設定はさらに何だそりゃであり、 これに乗る者は精神が汚染されるのだという。 それでもって暴走する女子攻兵が出て、 そもそもがアルコール依存症で暴行・殺人で服役後に 軍に志願したような人物であり、 それをまた狩りに行って街を破壊することになる。


相手を潰すのにケータイに届いたメールで場所を知らされ、 それをアテに戦うが、相手も同じ相手から届いたメールを 指令として従っていたという展開。その人物が何らかの鍵を握っているのは 明らかで、軍部も追い始めている、という話なのだが、 女子高生型ロボットに精神汚染、さらに精神汚染防護用ヘルメットで 街を出歩く兵士、と、絵面も話もかっとんでいて、これはさすがに付き合いきれん、と思う反面、やっぱりさすがに気になる。


いろんな仕掛けを外せば、キチガイというか電波系を描いている話なのだが、 まぁしかし、このレーベルは本当に、いろんな変な作品を送り出してきていて、 ちょっと変わった面白い漫画を読みたければとりあえずこのレーベルで足りるんじゃないかと思うくらいのラインナップに感心する。


■続刊購入する?→ 【買う方向】
評価:B
評価は、A:傑作、B:佳作、C:無印、D:薦めない

【データ】
松本次郎 (まつもとじろう)
女子攻兵
女子攻兵 1 (BUNCH COMICS) (amazon)/ 女子攻兵 1 (bk1) 】
■著者の他作品(過去記事)
松本次郎/地獄のアリス
次元世紀2011、新東京都市。そこでは異常な兵器を使った異常な戦争が行われていた。兵器の名は“女子攻兵”。女子高生型巨大ロボ。女子攻兵の登場は「戦争」を変えた!

『フリージア』の松本次郎最新作! 次元世紀2011、新東京都市。そこでは異常な兵器を使った異常な戦争が行われていた。兵器の名は“女子攻兵”。女子高生型巨大ロボである。女子攻兵の登場は、今までの戦争の形を変えてしまった! 主人公・タキガワ中尉率いる第13独立女子攻兵猟隊、通称“ハイエナ部隊”は制御不能となった女子攻兵を始末する殺し屋部隊。今回もいつもと変わらない簡単な任務のはずだった……しかし、彼らの前に現れたターゲットは想像を超える最悪の化け物だった!

松本次郎『女子攻兵 1巻』|新潮社
【初出情報】月刊コミック@バンチ 2011年3月号〜11月号 【発行元/発売元】新潮社 【レーベル】BUNCH COMICS 【発行日】2011(平成23)年11月15日初版発行 【定価】552円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM