【オススメ】 琥狗ハヤテ/もののふっ!

もののふっ! (1) (バーズコミックス リンクスコレクション).jpg
もののふっ! (1) (バーズコミックス リンクスコレクション)

■【オススメ】お館様が新たに重用したのは、猫耳の武士。

瀕死の猫ともののけが一体化、ネコミミで人の形をなした それは屋敷の中でお館様に拾われて、名をつけられて家臣となった。


ネコミミの武士がいる、という話で、なんだその出オチ感たっぷり な設定は、とおもいきや、このファンタジーな4コマが巧いこと 回っていく。屋敷内みな人が良い、人格者ばかりというところも読み心地が良い。


詳細な設定は、ストーリー仕立ての回で示される。構成は、4コマものが8ページ*2〜3回に30ページ内外のストーリーもの1回というもので、このテンポがまた良い。肝心な話はストーリーの回で描かれる。


それでもってこれ、BLなのね・・・この展開でそこに持っていくとは正直驚いた。


■続刊購入する?→ 【買う方向】
評価:C
評価は、A:傑作、B:佳作、C:無印、D:薦めない

【データ】
琥狗ハヤテ (くくはやて)
もののふっ!
もののふっ! (1) (バーズコミックス リンクスコレクション) (amazon)/ もののふっ! 1 (bk1) 】
■著者の他作品(過去記事)
朱鱶マサムネ/ネリヤカナヤ〜水滸異聞〜
時は戦国。戦場で生まれた孤独な物の怪は、ある武将と出会い、呪い殺そうとするが!? かわいいネコ耳の猫井殿が遂にコミックス化!!
幻冬舎 もののふっ! (1) ⁄ 琥狗ハヤテ 著
【初出情報】Comic Magazine LYNX VOL.26〜38(2009年6月〜2011年6月) 【発行元/発売元】幻冬舎コミックス/幻冬舎 【レーベル】バーズコミックス リンクスコレクション 【発行日】2011(平成23)年8月24日第1刷発行 【定価】590円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM