【オススメ】 むつきつとむ/このお姉さんはフィクションです!?

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!)).jpg
このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

■【オススメ】相変わらず単なるお色気漫画にはせず 設定凝りまくる。

ヒロインは表紙のお姉さんで最初のコマから登場するが、主人公は 彼女とぶつかった少年。そこから始まる話は、彼の生活から描き始め、 学校で放課後ともだちとカラオケにでも行こうかというところで メールが入り急遽帰宅、友人にもいつものこととして認識されているそれは、 自宅での母の手伝い。売れっ子漫画家である彼女の修羅場で、 来るはずのアシさんが来ず、編集さんも手伝う現場。それが終わり、 明日の食事を母親のために仕入れに夜道を出かけると、そこで脱ぎ捨てられた 女性の靴を見かけ、ふとみると土手から転がり落ちるように、スーツケースに 本、そして半裸の女性が。事件か、生死は?とパニックになる主人公を、 彼女はまくらと間違えてギュッと抱きしめる。酒臭い・・・ただの酔っ払いか! しかし前後不覚な彼女を置いておくわけも出来ず送り届ける場所も聞けず、 彼は自宅へと連れてくるのだった。


ココまでをきちんと伏線を使って描き、さらにもともと紹介しようと思っていた アシ候補、という設定も付け加える。編集さんの昔なじみで、美女だがいろいろ残念。 アシスタントの仕事も未体験で覚えがいいとも言いがたい。じゃあなんで紹介? というと食事は上手で飯スタントのような形。ただ、上述のとおり酒癖が悪いので、 これでもって主人公は困らせられる。


こうした話だが主人公はかなり出来た子で、お色気にどうこうという感じではなく、 エロエロ展開にはならず。同級生で彼に気がある子もいるが主人公は鈍感。 ただ、好きな人がいないかというとそういうわけではなくて、年上好きという 情報も。ではヒロインがぴったりかというと、そういうことではなく・・・。 とグルグル回って見せるのだが、そのあたりの話の持って行き方が巧い。


特に方向性もなく中身も特別ある話ではない。そうした、普段の普通の話を、 特別な設定を持ち込むことなく、なんとなく転がして、見せる。 これは実はかなり難しいのではないか。大抵だれるか、無理やりな展開になるところ、 自然な流れでもって読ませる。


お色気を期待する向きには、そうしたシチュエーションがそもそもあまりないので 違うと思うかもしれず、題名とのミスマッチであるとか、 内容がまだるっこしいとかサービス不足という評価もあるのかも しれないが、ストーリーテリングを楽しみたい向きには充分面白い作品なのでオススメ。


■続刊購入する?→ 【買う方向】
評価:B
評価は、A:傑作、B:佳作、C:無印、D:薦めない

【データ】
むつきつとむ
このお姉さんはフィクションです!? (このおねえさんはふぃくしょんです)
このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!)) (amazon)/ このお姉さんはフィクションです!? 1 Action Comics (bk1) 】
■著者の他作品(過去記事)
むつきつとむ/桜色ぶりざぁど
むつきつとむ/いきなり☆ねこキック
むつきつとむ/桃色ぴーナッツ
むつきつとむ/快感温度n℃
むつきつとむ/としうえの魔女たち
漫画家を母に持つ吉川隼は、ある夜、絡んできた酔っ払い・川瀬成海を介抱する。その成海が住み込みのアシスタントになり、隼は彼女の面倒を見ることになった。職もスキルもないのにイイ女ぶる三十路間近の残念美女と、家事から母の手伝いまでこなす万能高校生の年の差同居コメディ、待望の第1巻ついに発売!
株式会社双葉社 このお姉さんはフィクションです! 1(コノオネエサンハフィクションデス) ISBN 978-4-575-83949-4
【初出情報】COMICすもも VOL.1〜6(漫画アクション増刊2010/9/10〜2011/7/10号) 【発行元/発売元】双葉社 【レーベル】ACTION COMICS COMIC HIGH'S BRAND 【発行日】2011(平成23)年8月11日第1刷発行 【定価】600円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM