中山敦支/ねじまきカギュー

ねじまきカギュー(1) (ヤングジャンプコミックス).jpg
ねじまきカギュー(1) (ヤングジャンプコミックス)

■王道の話運びに、衒いなし。

非常にオーソドックス、無駄のない作り。 冒頭、タイトルロールが登場。その腕前を見せる。 続いて画面かわってもう一人の主人公。 教師である彼の特殊な体質を明示する。 そこで転換。別の要素を見せつつ、 切り返して再び彼の体質話に。 窮地に陥る彼の前に、冒頭の人物すなわち真の主人公が登場。 そしてバトル。主人公は力を見せた後、自分は先生を護るために転校してきた、 として名乗る。その名前に聞き覚えのある先生は思い出そうとするのだが。 そこで先のバトル相手が登場、先生はさらわれる。そして殴られ血が落ちた時、 主人公はその力を炸裂させる−そして先生は、その主人公が誰だったかに気づく。


話自体はストレート。脇道それないソリッドな構成。 一方、絵に関してはメリハリつけて、一瞬にして空気を転換。 表現力豊かな作品に仕上がっている。 しかし− 教師と生徒が幼なじみ?6歳以上の年の差を 考えると、回想シーンには違和感が。そう思ってしまうと、 読みすすめづらいのだが・・・。まぁそこは気にせず、 拳と拳を交わした者同士が仲良くなり、 トモダチを広げていくという話でもあるので、 物語巧者の話の転がし方を味わうのが良いのだろう。


評価:B
評価は、A:傑作、B:佳作、C:無印、D:薦めない

【データ】
中山敦支 (なかやまあつし)
ねじまきカギュー
ねじまきカギュー(1) (ヤングジャンプコミックス) (amazon)/ ねじまきカギュー 1 ヤングジャンプ・コミックス (bk1) 】
■著者の他作品(過去記事)
中山敦支/トラウマイスタ
村上ひでお、中山敦支/アストラルエンジン
怪物的女子に好かれる究極の女難体質新米高校教師の葱沢鴨。そんな彼の前に突如、鉤生十兵衛という拳法家が現れ――「先生を譲る」と宣言!!!!!!!! 次々と襲い(?)来る怪物的女子達と鉤生との死闘の行方は!!? 輝才で鬼才の中山敦支が“バトル×純愛×個性的キャラ”を最驚の表現で抉り出す!!!
ねじまきカギュー/1| 中山 敦支| ヤングジャンプコミックス|BOOKNAVI|集英社
【初出情報】週刊ヤングジャンプ 平成23年13号〜20号 【発行元/発売元】集英社 【レーベル】ヤングジャンプ・コミックス 【発行日】2011(平成23)年6月22日第1刷発行 【定価】514円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM