【オススメ】 森恒二/デストロイアンドレボリューション

デストロイアンドレボリューション 1 (ヤングジャンプコミックス)
デストロイアンドレボリューション 1 (ヤングジャンプコミックス)

■ 【オススメ】 ある能力をもった主人公は、友人と共に、日本に革命を起こすべく立ち上がる。

目立たない普通の少年。自分でも自覚している。普通極まりないことを。ただ一点を除いては。


父親が経営苦で自殺、母親は家を出て、祖母と生活保護を受けながら暮らし、余裕はなく、その差からいじめを受け、不登校、フリースクール、精神科通い。そんな経緯をたどった彼が手に入れたのは特殊な能力。それを知らない筈だが、君は何か違うね、と語りかけてきたのは同じく二留している同級生。彼は世界を壊そうとしていた。その思いを実現するために、それが可能な力を持つ主人公は、行動を共にすることを決める。


見えないものを見た後で、生き残り、特殊な能力が宿った主人公。そんな世界観の物語で進むのか、あるいは能力を使うことに特化した物語として進むのか。程よいところで後者から前者に向かうのではないかと思うが、当面は、革命物語として破壊の話として進みそうだ。


出来上がったフレームを破壊する話。作りあげられたものは出来上がった段階から壊れ始めているのだが、そのフレームを無理に維持しようとすればあちらこちらに歪みが出る。いまの日本にはぴったりの物語だろう。


闇雲に壊す話ではなく、効果的にメッセージを送ること、 意味があって強烈で、犯行声明とひもづけられるテロであること。 さらに主人公としては死傷者は出したくない−という条件のもと、 展開される破壊&改革の話。対象が日本国政府であるというのは、 今この手の物語がテーマとするのに一番ふさわしいものと思われる。 中途半端にならずに突っ走ってくれれば、面白い作品になるのではないか。


■続刊購入する?→ 【買う方向】
評価:B
評価は、A:傑作、B:佳作、C:無印、D:薦めない

【データ】
森恒二 (もりこうじ)
デストロイ アンド レボリューション
【 アマゾンで購入 : デストロイアンドレボリューション 1 (ヤングジャンプコミックス) , ビーケーワンで購入 : デストロイアンドレボリューション 1 ヤングジャンプコミックス
■著者の他作品(過去記事)
森恒二/自殺島
【帯】 幼き革命が牙を向く!日本の敵になる。最凶SFテロルストーリー!!

【裏表紙】 行き場のない怒りと孤独を抱える高校生のマコトが持ってしまった驚異の「力」とは・・・!?理不尽な社会を相手に、破壊という名の革命が始まる!最凶のSFテロルストーリー!!
掲載=週刊ヤングジャンプ 平成22年47号〜50号、52号〜23年2号、4・5合併号〜8号

集英社
ヤングジャンプ・コミックス
2011(平成23)年4月30日第1刷発行
定価=514円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM