青木幸子/茶柱倶楽部

茶柱倶楽部 1 (芳文社コミックス)
茶柱倶楽部 1 (芳文社コミックス)

■ 行く先には茶柱が立つ、ついている女性が 幻の茶を探しに、移動茶店と共に旅に出る。

ヒロインは茶園のお嬢様。茶への情熱は両親以上。 母譲りの楽天家だが思ったことを曲げない頑固さは父親譲り。 そんな彼女が、旅に出ると言い出した。 たまたま助けた女性に貰った茶の味が素晴らしく、 そのお茶にもう一度会いたくて。 しかもトレーラーを買って移動式の茶店として 引いていくという。その元手は宝くじの当選金。 彼女は類まれなツキがあり、行くところ茶柱がついてくるような 人でもあった。


お茶ものと道中ものとを合わせたもので、 仕上がりとしては、まとまっている、 というレベル。芳文社コミックスで他にもあるような 作品とさして代わりばえはしない。 組み合わせた腕前は見事とはいえ、 もう一つ抜きんでたものが見たかった感はある。


本作のヒロインも卓越した力をもっていて、 それは茶に関しての感覚だが、加えて 天賦のツキがある。これが作品のスピーディさ、都合の良さを フォローしているが、それくらいの役割でしかない点で、 物語に巧く生かしきれていない。その点がこの作品が 「ZOOKEEPER」や「王狩」の面白さまで追いついていない理由だろう。


とはいえ一巻で一応の完結を見せており、 まとまりとしては十分。この後の展開に期待したい。


■続刊購入する?→ 【買う方向】
評価:C
評価は、A:傑作、B:佳作、C:無印、D:薦めない

【データ】
青木幸子 (あおきさちこ)
茶柱倶楽部 (ちゃばしらくらぶ)
【 アマゾンで購入 : 茶柱倶楽部 1 (芳文社コミックス) , ビーケーワンで購入 : 茶柱倶楽部 1 芳文社コミックス
■著者の他作品(過去記事)
青木幸子/ZOOKEEPER
【帯】 召しませ、旨し茶。 なじみある日本茶を「五感」で味わう贅沢。 あなたの知らないお茶がここにある!

旨み、香り、渋み、甘み、苦み、色みを愉しむ。 茶の申し子、鈴が煎れる極上の一杯!

【裏表紙】 老舗茶屋の娘・鈴は、人助けがきっかけでかつてないほど素晴らしい お茶に出会う。それを追い求めて、移動茶店「茶柱倶楽部」を 営みながら、お茶をくれた人を捜すことにした鈴。 行く先々では、お茶を介してさまざまな人との出会いが待っていた−。 香り立つ本格派日本茶コミック、待望の第1巻!
掲載=(クレジットなし? 帯に「週刊漫画TIMES」不定期連載中との表記あり)

芳文社
芳文社コミックス
2010(平成22)年11月6日初版発行
定価=619円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM