【オススメ】 ハロルド作石/7人のシェイクスピア

7人のシェイクスピア 1 (ビッグコミックススペシャル)
7人のシェイクスピア 1 (ビッグコミックススペシャル)

■ 【オススメ】 シェイクスピアを描く物語かと思いきや、 話は大きく舵をとり舞台は1587年リヴァプールのチャイナタウンへ・・・。 未知数だがとりあえず読ませるのは確か。著者を信頼しオススメ。

不景気で人心も荒れる世の中、治安判事は芝居を目の敵に取り締まろうとする。 そこに堂々と対峙するのはシェイクスピア。宮内大臣の名を出し、それでもひるまぬ相手に、芝居を台無しにすれば芝居好きの反感を買う、治安判事が監獄に行くことにならなければ良いですが、と意味ありげな言葉を残す。それでも彼らが踏み込むと、立ち上がり拍手をしたのは、エリザベス女王。それを見たら警吏たちが手を出せる筈もなく。


そんな話と並行して語られるのは、シェイクスピアの脚本を売り込もうとする者。内容が違うと詐欺師呼ばわりされた彼が、シェイクスピアこそ詐欺師だと言ったところで画面は変わる。13年前に遡り、土地もリヴァプール、さらに中国人の形成するチャイナタウンを舞台に、未来が読め、そのため呪われた女の子を中心に話が進んで行く。これがシェイクスピアとどう結びつくんだ?


題名とひとまず離れたような展開になる後半に呆然とするが、 話は読ませ、しかも一巻である程度の決着を見せる。 どう展開して行くのかは霧の中ではあるものの、 ぐだぐだと進まない物語とは違い、読み手を連れ回すだけの力がある。


■続刊購入する?→ 【絶対買う】「ゴリラーマン 」とも「BECK」とも違うチャレンジに敬意を表して。

【データ】
ハロルド作石 (はろるどさくいし)
7人のシェイクスピア
【 アマゾンで購入 : 7人のシェイクスピア 1 (ビッグコミックススペシャル) , ビーケーワンで購入 : 7人のシェイクスピア 1 BIG SPIRITS COMICS SPECIAL
【帯】 「ゴリラーマン」「BECK」のハロルド作石最新作!!!
掲載=週刊ビッグコミックスピリッツ 2010年3・4合併号〜8号

小学館
BIG SPIRITS COMICS SPECIAL
2010(平成22)年6月2日初版第1刷発行
定価=562円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM