【オススメ】 浅野りん/京洛れぎおん

京洛れぎおん(1) (ブレイドコミックス)
京洛れぎおん(1) (ブレイドコミックス)

■ 【オススメ】 京都を襲う化物を倒せ!

高校受験に向かった少年は、化物を目にする。 それを周囲の人も認識していたはずなのに、 化物が去ると皆何事もなかったかのような 対応。見たことをすっかり忘れているらしい 他の人々と違い少年には記憶があった。 それは、この化物と他の戦うために重要な素質。 適性アリの彼は、コンビを組んでこの化物と戦うことになる。


化物と戦う話、だが基調はコメディタッチ。 化物自体も色んなものを食らうんだが 風体はのほほんとしていて可愛らしい造形である。 戦う際も今のところ緊張感はなくゲームの延長。 小学生の女の子が戦うのだが、一方パートナーとなる 主人公は彼女が受けるダメージを一身に受けるのが役目、 という設定は面白い。小学生の女の子にツンデレ属性 とは狙っているがそれが浮き上がって見えず コメディの味付けという役割にとどまり前面に出ない バランスも良い。


エピソードの描き込みはやや弱いが、コメディとアクションを そつなく詰めた内容も良い均衡。レーベルは違うが、 少年サンデー系の伝統的なコメディのノリが好きならハマる。  カバー外すとおまけアリ。


■続刊購入する?→ 【買う方向】

【データ】
浅野りん (あさのりん)
京洛れぎおん (きょうらくれぎおん)
【 アマゾンで購入 : 京洛れぎおん(1) (ブレイドコミックス) , ビーケーワンで購入 : 京洛れぎおん 1 BLADE COMICS
【帯】 「京都、いただきマス。」誰も知らないうちに千年の都が迎えた未曾有の危機ッ!世界遺産まるごと喰らい尽くす"脅威"に対抗できるのは・・・!?浅野りんコメディの集大成、ここに結実!!
掲載=コミックブレイドブラウニーVol.1、月刊コミックブレイド2009年9月、12月、2010年2月号

マッグガーデン
BLADE COMICS
2010(平成22)年3月25日初版発行
定価=571円+税


コメント
あなたの感想のおかげで長年謎だったことが解けました!!
浅野りんの作品はどれもそつなく面白いのにどうしてこんなにも知名度が低いのかずっと疑問に思っていたのですが、
そうか!雑誌の客層が一致してないんですね!!
サンデーとかならきっともっと売れていたんでしょうね。
同作者の漫画の「PON!とキマイラ」なんかうる星とに過ぎてるけど
でも浅野りんがサンデーあたりで連載したらきっと今より知名度があったかもしれないですね。
漫画家としては中堅クラスなのにあんまりにも知られなすぎて不憫でなりません。
(そもそもガンガン系列の漫画家で有名な人って本当に数少ないですけど)
浅野りんの作品はとても面白いのでぜひ書店で見かけたら読んでみてください。
  • md
  • 2010/04/09 4:01 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM