橘裕/うちのポチの言うことには

うちのポチの言うことには 1 (花とゆめCOMICS)
うちのポチの言うことには 1 (花とゆめCOMICS)

■ 特別な能力を持つお嬢様と、それを守るボディガード。

格好が良く成績もトップクラス、もっと上のところに進学するはずだった男子が今の学校にきているのは、お嬢様のため。お嬢様はそんな男子をボディガードとし、しかもポチと呼んでいる。


昔の主従関係がいまに続く物語。ただしそこに、主従関係があって当たり前の状況を付加している。それは、従者であるボディガードは主人である姫の能力によって異形ならざる風体を維持しているという点。その家の姫には代々、その身と引換に、触る相手のダメージを癒す能力がある。しかし、ヒロインは自身のその力を知らず、ボディガードもそのことを伝えないままお嬢様の身を守ろうとしているので、すれ違いが生じているという話。


ちょっと話をややこしくしすぎ、厄介な部分もあるが、キャリアのある作家さんとなるとシンプルな話にとどまる訳にはいかないのだろう。ボディガードが4兄弟という設定はやや多い気はするが、展開はしやすいのだろう。いっぺんに出すことなく話の流れに応じて順次出すという手馴れた出し入れで、わかりづらいわけではない。


基本的には、惹かれあう二人なのだが障害があるために反発しあい、というハーレクインロマンスの構造に近い。それは花とゆめコミックスの伝統でもあるが、ハーレクインに比べて見せ方にバリエーションがあり現実感も大事にしているところが魅力といえる。ヒロインの体の負担がどういう形で出てくるのかが不明というのが、なんてことのないハッピーエンディングもありうる形にしている点で上手である。


【データ】
橘裕 (たちばなゆたか)
うちのポチの言うことには
【 アマゾンで購入 : うちのポチの言うことには 1 (花とゆめCOMICS) , ビーケーワンで購入 : うちのポチの言うことには 1 花とゆめコミックス
■著者の他作品(過去記事)
橘裕/かな、かも。
【帯】 守って、守って、守りぬく!!! ワガママ姫&ツンデレ御庭番の密着ボディガードロマンス登場!!

【裏表紙】 代々城主を勤めた名門・高月家とその御庭番・戌井一族の関係は現在も続いている。高月花織は、その使用人・戌井遥(ポチ)にボディガードをされ、共に高校に通っているが、その身体には重大な秘密があり・・・!?大人気☆スーパーガードロマンス・第1巻。
掲載=ララDX 平成21年3月号、5月号、7月号、9月号

白泉社
花とゆめCOMICS
2010(平成22)年1月10日第1刷発行
定価=400円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM