後藤隼平/銀塩少年

銀塩少年 1 (少年サンデーコミックス)
銀塩少年 1 (少年サンデーコミックス)

■ カメラが大好きな少年が写した写真には、 未来が写り込んでいた。

カメラ好きな少年と、幼馴染の活動的な少女。 二人の仲は進展しそうで進まない。 が、あるとき、彼女を撮った写真には、 現実とは違うものが写しだされていた。 それはどうやら未来を写し出したものらしい。 そこには、彼女が自分以外の男といる未来、 さらに、自分が死ぬ未来が写しだされていた。


未来が見えてしまう、というタイプの話。 少年少女の純な恋愛を絡めていて清々しく眩しいのだが、 少女のキャラクターはとってつけたようである。 加えてヒロインの突然な恋の展開、 高校生だというのに何だそれは。 そのあたりの唐突さが引っかかる。


また、未来を見えてしまうのはともかくとして、 それが主人公の脳内だけではなく、 写しだされた写真で他の者にも明白である、 という設定であるならば、主人公の身体に影響があるというのは どうなのだろう。さらに、撮った写真が、 その後の主人公の行動によって刻々と変わっていく、 というのも、未来と連動していることを考えれば納得できる ことではあるのだが、設定を欲張りすぎているように見える。


登場人物が少なめでシンプルな分、物語を色々と 展開させなければいけないと考えたのだろうが、 最初に設定したものを動かす際には相応の理由がいる。 その理由づけが弱いため、何でもありな話になりつつある。 SF的な構造の話では、それはよろしくない。 主人公の死という要素を入れているのも物語の雰囲気に そぐわずヘビーであり、全体のバランスを考えずに 色々なものを構わずぶちこんだ感がある。 それでもそれなりには面白いのだが、 整理すればより良くなったと思うだけに残念。


【データ】
後藤隼平 (ごとうじゅんぺい)
銀塩少年 (ゼラチンボーイ)
【 アマゾンで購入 : 銀塩少年 1 (少年サンデーコミックス) , ビーケーワンで購入 : 銀塩少年 1 少年サンデーコミックス
【裏表紙】 100年先の未来も、カメラだけは知っている。 写真が趣味の高校生・マタタキ。そんな彼の夢は、有名な写真家になること−ではなくて、ずっと好きだったアイツと一緒になること。でもある日、マタタキのカメラに、彼女の信じられない"フシギ"な映像が写り始め!?WEB連載時よりアクセス殺到&話題沸騰の純情フォトラブストーリー、待望の第1巻!!
掲載=クラブサンデー 2009年4月10日配信〜8月7日配信

小学館
少年サンデーコミックス
2009(平成21)年10月21日初版第1刷発行
定価=400円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM