日高ショーコ/花は咲くか

花は咲くか 1 (バーズコミックス ルチルコレクション)
花は咲くか 1 (バーズコミックス ルチルコレクション)

■ 他人に興味を持てないできた二人が出会う。

広告を作るのが仕事の主人公。20代の頃は刺激的な仕事で注目されたが、ここしばらくは激務のなかレギュラー仕事の調整をするのみ。彼に憧れていた部署の後輩たちはちょっと失望していたりもする。そんな彼は好きだと思ってはじめたことも、最初の熱はいつか冷めてしまう。女性に出て行かれるのも何度となく。結局それは、自分にしか興味をもてないからか。そんな彼が、駅で資料と服を濡らされたことをきっかけに、大学生の家に案内される。そこはいまどき珍しい日本家屋。そこで下宿の大家として生計をたてつつ美大生として絵を描く彼の、不遜な口のききかたに苛つく主人公。彼に嫌われていると思っていたのに、気がつくとそんな彼に惹かれていた。彼にしても、他人に興味を示し会話をすること自体めずらしいことだった。


このレーベルなので結局落ち着くのはボーイズラブ路線ということである。一方は38歳という設定でBLと呼ぶのが正しいのか知らないが。下宿を舞台にした擬似家族ものという設定もありつつ、そこに出入する人物が一人ふたりという形で進むので話としてはあまり進まない。が、社会人である主人公の仕事ぶりをきちんと描いており、生活に変化のない学生と違いメリハリのあるエピソードで読み手を退屈させない。主人公の人事事情もちらりと見せつつ、さてこの新しい人間関係がどう動きを見せるのか、主要人物が男性ばかりだが別に同性愛のそぶりもない人達でどういう物語を綴るのか、興味深くはある。


【データ】
日高ショーコ (ひだかしょーこ)
花は咲くか
【 アマゾンで購入 : 花は咲くか 1 (バーズコミックス ルチルコレクション) , ビーケーワンで購入 : 花は咲くか 1 バーズコミックス
■著者の他作品(過去記事)
日高ショーコ/憂鬱な朝
【帯】 ずっと自分にしか興味を持てなかったから−・・・ こんなにも誰かを好きになることができるなんて考えもしなかった 大学生・水川蓉一と出会った桜井は、そのそっけない態度と不躾な眼差しを苦手に思いながらも、たびたび蓉一のもとを訪れるようになり・・・。

【裏表紙】 広告代理店勤務の桜井は、帰途、ある青年とぶつかって仕事の資料をダメにされてしまうが、その相手が同じ資料を持っているとのことで家に招かれた。彼はその古くて広い一軒家で下宿を営む家主だという。水川蓉一と名乗るその青年は大学生で、桜井に対してひたすら無愛想。そっけない態度と不躾な眼差しを苦手に思いながらも桜井は、「家が気に入った」とたびたび蓉一のもとを訪れるようになり・・・。
掲載=ルチル vol.14、16〜17、19、24〜25(2006年8月〜2008年7月)、番外編 ルチルvol.20(2007年9月)

幻冬舎コミックス
バーズコミックス ルチルコレクション
2009(平成21)年12月24日第1刷発行
定価=619円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM