【オススメ】 杜康潤/坊主DAYS

坊主DAYS (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)
坊主DAYS (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)

■ 【オススメ】 お坊さんの世界がわかる坊主コミック・エッセイ。

お坊さんに関する漫画は「ファンシィダンス」のような傑作があるが、こちらは物語として構成するのではないエッセイもの。実家である臨済宗のお寺を若くして継いだ作者の兄について描く内容は、出家修行から始まり順序だって語られるので非常に読みやすい。作者にとって身近な題材だが当人は出家も修行もしていないので、近すぎるということもなく、また素人が見当違いな見方をしているということもなく、結果、一般読者が楽しめるツボを抑えた作品に仕上がっている。


そもそも明治期に政治の都合で色々と変わり、妻帯可となった日本の仏教はいいかげんといえばいいかげん、ではあるのだがそもそもインドで産まれたものが中国で育ち変化した過程もあるわけで、宗教というのはそもそもそういうある程度いい加減なものではあるのだろう。だからこそきっちりとした戒律をつくり、それを守ることに躍起になるわけである。とはいえ本質は宗教の形にあるわけではなくて、全てが修行、そこから何を学ぶかということである。その点を認識しているかどうかで、宗教に対する接し方、感じ方が異なってくるのだろう。


お役立ちな情報も巻末に掲載し、笑えて、ためにもなる一冊。カバーしたにもおまけあり。


【データ】
杜康潤 (とこうじゅん)
坊主DAYS (ぼうずデイズ)
【 アマゾンで購入 : 坊主DAYS (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS) , ビーケーワンで購入 : 坊主DAYS WINGS COMICS
【帯】 知っているようで知らなかった、お坊さんの世界がここにある! 日本初の坊主コミック・エッセイが登場!! 荒川弘先生推薦!! 「すぐに使える!お役立ち仏教マナー・ガイド」も必見!

【裏表紙】 日本では禅の宗派に属する、臨済宗。(一休さんなどが有名☆)その寺の住職である著者の兄の修行僧時代を中心に、お寺のこと、お坊さんの衣食住などをわかりやすく描いた、日本初の坊主コミック・エッセイが登場!さらに、急にお葬式に行かなければならない時、またはお葬式を出す側になった時に知りたい、マナー、お葬式やお墓の金額相場、仏壇の祀り方など「すぐに使える!お役立ち仏教マナーガイド」も収録!知っているようで知らなかった、お坊さんの世界がここにある・・・!!
掲載=ウンポコ 10号〜17号(2007年〜2009年)、ウィングス2009年12月号

新書館
WINGS COMICS
2009(平成21)年12月25日初版発行
定価=740円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM