市東亮子/エリュシオン−青宵廻廊−

エリュシオン-青宵廻廊 1
エリュシオン-青宵廻廊 1

■ トロイア戦争を背景に、女戦士の国アマゾーンの 女たちを描く物語。

女戦士の国アマゾーンの話。 そこに逃れてきた娘は異民族ではあるが 女王候補者であるペンテシレイアの下 何の憂いもなく暮らしてきたはずだった。


アキレスがその美貌に惚れてどうしたこうしたという 話のあるペンテシレイアを軸として描く、 トロイア戦争を巡るアマゾーンの女たちの話。 次の女王を巡る争いに、戦争という外的要因が重なり、 さらにヒロインは次の巫女として白羽の矢が立つが、 それを妬む者たちが、処女でなくすればいい、 と策略をはじめるところで一巻が終わる。


男を排除した女の園であればそれで災いがない、 というわけではなく、立場身分による差別、嫉妬 が渦巻くというお話。神話を下敷きに構成しているので 話の骨格よく、固有名詞に躓かなければ 読みやすい構造の物語になっている。 ギリシャ神話をおべんきょうするのに良い入り口?


【データ】
市東亮子 (しとうりょうこ)
エリュシオン−青宵廻廊−(せいしょうかいろう)
【 アマゾンで購入 : エリュシオン-青宵廻廊 1 , ビーケーワンで購入 : エリュシオン 1 バーズコミックスガールズコレクション
■著者の他作品(過去記事)
市東亮子/ストローブ卿夢幻館へようこそ
市東亮子/童顔刑事
伊月慶子、市東亮子/アマル
【裏表紙】 迫害から逃れ、巫女の子アルティモラが亡命した国アマゾーン。そこは高潔な処女神アルテミスを信仰する女戦士だけの王国だった。アマゾーンではいっときの平穏の中で次期女王候補を決めるための儀式が進められていた。候補者であるペンテシレイアの下に身を寄せるアルティモラは夜毎悪夢を見るようになる。その頃ギリシャでは古代史を変える大きな悲劇が生まれようとしていた。トロイア戦争を舞台に市東亮子が放つ渾身のスペクタクル・ロマン!
掲載=Webコミック「スピカ」2009年6月号〜10月号

幻冬舎コミックス
バーズコミックスガールズコレクション
2009(平成21)年11月24日第1刷発行
定価=450円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM