誉田哲也、安藤慈朗/武士道シックスティーン

武士道シックスティーン
武士道シックスティーン 1 (アフタヌーンKC)

■ 勝つまで戦わなければ気が済まない少女と、 強い者と戦って自分の強みを引き出される少女と、 ふたりの剣道物語。

中学全国2位も決勝戦を自分の勝ちだと再確認、 勝つことにこだわる剣道少女。彼女は、兄が剣道をやめることになった相手にこだわり、またその兄よりも相手を指導しその勝利に喜んでいた父に 感じた反発をいまだに抱いていた。敵味方で識別し、勝ち負けにこだわるような彼女が、全国大会の後に出場した市民大会で緒戦負けする。その相手は中学時代それが初勝利であったという少女。彼女は高校でも剣道を続けるのだが、リベンジするためもあり先の全中2位の少女も同じ学校を選び進学してくる。


タイプの違う少女二人を軸とした剣道物語。わかりやすい構図は面白いが、しかし分かりやすすぎるキャラクター設定で、物語としての深みを出すのは難しいか。 ヒロインがダークな面、心まで折る剣道をしている、という点はユニークだが、まだまだ弱いほうのヒロインが剣道の面白さを覚え上達し、強いほうのヒロインが何か感化され、という展開になるほかない話で、ディテールをどれだけ魅力的に描けるか、にかかっているのだが、絵で説得力が出せる漫画には向いている内容かもしれない。


【データ】
原作=誉田哲也(ほんだてつや)、漫画=安藤慈朗 (あんどうじろう)
武士道シックスティーン (ぶしどうシックスティーン)
【 アマゾンで購入 : 武士道シックスティーン 1 (アフタヌーンKC) , ビーケーワンで購入 : 武士道シックスティーン 1 アフタヌーンKC 】 →原作単行本:武士道シックスティーン
【裏表紙】 磯山香織と西荻早苗、ふたりの剣道少女が出会ったのは、中学最後の試合。性格がまるで違うふたりが、反発し、刺激を受け合いながら切磋琢磨!爽やかで熱血、青春剣道エンターテインメント登場!!
掲載=アフタヌーン 2009年7月号〜10月号

講談社
アフタヌーンKC
2009(平成21)年11月20日第1刷発行
定価=552円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM