【オススメ】 とよ田みのる/友達100人できるかな

友達100人できるかな
友達100人できるかな 1 (アフタヌーンKC)

■ 【オススメ】 ともだち100人できなかったら人類滅亡!

友達を100人作ることが目標の物語。なんで? それは地球を守るため。侵略に来た宇宙人は、 しかし他種族が生息する土地には侵攻できない という決まりがあるのだという。その生息の基準は、 コミュニケーション、つまり愛の存在。 その存在を確かめるためのモデルとして、 主人公が選ばれたのだった。人類滅亡がその肩にかかる 主人公は36歳小学校教師、妻は妊娠中でもうすぐ子供が生まれる予定。 なのだが、宇宙人によりタイムスリップさせられ、 36歳の記憶をもったまま、10歳の小学生のころに戻ってしまう。 そこで友達を100人作れというのが課題。それは宇宙人の温情で、 地球人がもっとも友達を作りやすい年齢に設定したのだという。


基本はタイムスリップもので、1980年を舞台にした作品である。 そこに、人類滅亡というアイディアを絡めて、宇宙人のために その時代に戻されてしまうというのはユニーク。実験であるので、 成功時にはこのパラレルワールドから元の世界に戻される、らしい。 1980年という時代性は薄いかな、という気がするのだが どうだろう、そうした風俗が描ければ類なき傑作になりそうだが、 小学生だと時代性も出しようがないか?著者のテイストとも 時代風俗の描写はあわなそうだ。テレビや歌謡曲、雑誌や駄菓子なんてのは 時代が出せそうだけれど、そのあたりの描写が入ると逆にぎくしゃくしそうな作風でもあるので難しいところかもしれない。


一方、著者ならではなのは、せりふ回し。魅力であるコントのようなかけあいは 本作でも。宇宙人の観察者のある種のノー天気さ、友達ができなくても 失敗しても人類が滅亡するだけですから、みたいな口調に主人公が ツッこむ様はそれだけでも楽しい。そのうえできちんとした物語が用意されているところが 「ラブロマ」と違うところで、進化というか、あの佳作を経たからこそ向かうことのできた境地か。 ちなみに「ラブロマ」は個人的に大好きな作品です。


終盤には展開も用意して、物語にメリハリも用意している。設定自体、100人友達を作らないといけないうえに、一度設定した相手はロックオンしたことになり友達にならないと抜けられない。友達度をはかるメーターはこれがゼロになるとその時点で実験終了、人類滅亡、という仕掛けもある。 盛りだくさんすぎる感じはするが、そして100人というのが一巻時点で何人消化だ?と考えると、どこまで何年続ける気なのか、著者も編集部もきちんとした結末にするつもりあるんだろうな、と問いかけたくなるが、いや、期待していますのでよろしくお願いします。


刊行されたことを失念していて、メールで教えていただきました。買ったつもりで忘れてましたのでありがたかったです。


■続刊購入する?→ 【絶対買う】

【データ】
とよ田みのる (とよだみのる)
友達100人できるかな (ともだち100にんできるかな)
→ 【 アマゾンで購入 : 友達100人できるかな 1 (アフタヌーンKC) , ビーケーワンで購入 : 友達100人できるかな 1 アフタヌーンKC
■著者の作品レビュー
とよ田みのる/とよ田みのる短編集 CATCH&THROW
とよ田みのる/タケヲちゃん物怪録
とよ田みのる/友達100人できるかな
とよ田みのる/FLIP−FLAP
【帯】 友達100人!!できなかったら人類滅亡!!36歳の小学校教諭・直行の前に突如現れた宇宙人。彼らの地球侵攻を回避する条件、それは友達を100人作ること!!その試験会場となった一九八〇年にて人類の命運をかけた壮大なミッションが始まった!! 世界を救うのは、アノ頃の僕だ!!
掲載=アフタヌーン 2009年3月号〜7月号

講談社
アフタヌーンKC
2009(平成21)年8月21日第1刷発行
定価=600円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM