【オススメ】 和泉かねよし/女王の花

女王の花
女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)

■ 【オススメ】 ベツコミらしからぬ?歴史ファンタジー。 薄倖の姫の運命やいかに。

姫君である主人公。 しかし母である王妃は病弱で、しかも 母国は小国。大国から嫁いだ次の王妃が 王子を産んで以来、冷遇されている。 しかし、お転婆な姫は母のことを思い、 王宮での立場がいつか好転することを望んでいた。

母のために薬を求め場外へ出たところ 知り合った人物から、薬だけでなく 文武を学ぶ。そして後日、それを 発揮する舞台が訪れる。王に良いところを 見せようと張り切った姫は、王子を圧倒するのだが、 しかし、その活躍は仇となる。

薄倖な姫の物語。実は帯で「 号泣歴史ラブロマンス」とあおりがあるように、 姫のそばにはずっと一緒の従者がいる。 ただ恋愛がどう身分がどうという話までは まだ進んでいない。

彼女は人質として他国へ送られることになるが、 それは母の祖国。王妃同士の代理戦争は 大国と小国との実際の戦争に突入していく。 そのなかで姫は自分の立場を生かそうとするが 、その一方で、母の分も生きることを決意する。

母の祖国に送っておいて人質ってのはないと 思うのでこの辺の話の曖昧さはなんだろう、 父王の愛なのか甘さなのかそういうことではなく 単に送り返しただけなのか。別の第三国あるいは 王子の母のほうの国に送るのが人質としての 使い方のような気がするんだけど、 とそのあたりがひっかかるのだが。

あとがきを読むと、物語のラストをすでに 想定し、そこで話が収束するように 構成しているのだそうで。じゃあ、 どうまとめるのか見届けましょう。 なかなかの力作です。 ちなみに著者の「 メンズ校 」も大好きな作品です。 あれは、愛おしいね。


■続刊購入する?→ 【絶対買う】

和泉かねよし (いずみかねよし)
女王の花 (じょおうのはな)
→ 【 アマゾンで購入 : 女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
著者の他作品(過去記事)→ 和泉かねよし/メンズ校
【帯】 過酷な運命が少女を変えた。 号泣歴史ラブロマンス

【裏表紙】 亜国の姫でありながら冷遇されている亜姫。 幼いながらも母の世話をしながら、明るく生きる亜姫はある日、 金の髪と天の色の眼を持つ奴隷の少年・薄星と出会う。 境遇の違いを超えて、強い絆で結ばれる二人だったが、 その先に待っていたのは・・・!?  和泉かねよし の描く歴史ロマン超大作、待望の第一巻!!
掲載=ベツコミ 2007年11月号、2008年7月号

小学館
ベツコミフラワーコミックス
2008(平成20)年8月31日初版第1刷発行
定価=400円+税


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
LDK(エル・ディー・ケー)
MONOQLO(モノクロ)
家電批評
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM