富沢順/脱獄ドクター いのち屋エンマ

脱獄ドクター いのち屋エンマ
脱獄ドクターいのち屋エンマ 1巻 (1) (ニチブンコミックス)

■ 光速の闇医師。脱獄、ってわけでもないんですけどね。 刑務所に戻ってくるんですから。

光速の外科医として名高い主人公。仕事を次々いれ、その神業を 賞賛されながら、仕事を入れすぎではないか、なぜそこまで カネにこだわるのか、といわれてもいた。そんな彼が逮捕される。

薬の横流し、といった罪は、難病の妹のためだった。 そのことを知る者が面会に訪れる。その者は刑務官を買収し、 彼を刑務所の外へ連れ出した。解放されたわけではなく、 その刑務官が担当している時間内だけシャバに出て、 医師として仕事をする。持ち込まれるのは当然、 表では出来ない仕事。妹の冷凍睡眠を維持するために、 主人公は仕事を引き受ける。

荒唐無稽も、表ざたにはできない事例ばかりが 依頼されてくるので、読んでいて飽きない。 が、シリアス一辺倒ではなくコメディタッチでもあり、 全体に受ける印象は微妙。色々複雑なからくりもあるようだが、 読み手がどの位置にたてばよいのか戸惑う作り。

富沢順 (とみざわじゅん)
脱獄ドクター いのち屋エンマ
→ 【 アマゾンで購入 : 脱獄ドクターいのち屋エンマ 1巻 (1) (ニチブンコミックス)
著者の他作品(過去記事)→ ハーロマ、具光然、富沢順/プルコギ
【帯】 獄中外科医のプリズンブレイクオペ!脱獄医療 エンターテインメント!!

“光速の外科医”の異名を持つ円馬光也は、医師法違反等の 容疑で逮捕され、府行刑務所の囚人となる。夜になると、 “第0懲罰房”から脱獄。黒衣のナース・花音と共に闇医者稼業へ−!!
掲載=週刊漫画ゴラク2007年12月〜2008年5月分

日本文芸社
NICHIBUN COMICS
2008(平成20)年8月10日発行
定価=552円+税


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM