【オススメ】 藪野続久、大谷アキラ/LOST+BRAIN

LOST+BRAIN
LOST+BRAIN 1 (1) (少年サンデーコミックス)

■ 【オススメ】 催眠術を使った完全犯罪。

天才の主人公は、何でもできる。 それがつまらない。クズ、と見下す連中と 暮らしていかなければならない人生に、 失望を覚えていた。

しかし、ある日、警察の捜査にも協力しているという 催眠カウンセラーの実演を目にした彼は、 その思った以上の威力に、この催眠を使って人々を支配することを 思いつく。

デス・ノート」的な作品だが、 悪魔だの異世界めいた存在は出てこない。 一方、主人公の目論見には、正義の実現といった言い訳もなく、 単に退屈しのぎである。 悪の話でもそれが昇華されれば美しい− 能條純一の「ゴッド・ハンド 」は神と紙一重の存在を描いていたが、比べると本作のスケール感は 小さい。

高校の新聞部は官房長官に取材に行き、そこで、 取材者が催眠により自爆テロを実行する− なんてのは、そんなことをやったら 間違いなく主人公の身辺に捜査が及ぶわけで。 計画を実行に移す段になっている、ということらしいが、 うーん。どうも安っぽい。

が、その後の頭脳戦の展開は面白い。しかしこの段階で いきなりテロに踏み込むというのが今ひとつ、 読者としてはこう、引き込まれない。仕掛けが足りないんじゃ なかろうか。

いや、一応気になるのでオススメにして、 続刊も買うんですけど・・・ぜんぜん褒めてませんね、 今回の紹介・・・


■続刊購入する?→ 【買う方向】

原作=藪野続久(やぶのつづく)、作画=大谷アキラ (おおたにあきら)
LOST+BRAIN (ロストブレイン)
→ 【 アマゾンで購入 : LOST+BRAIN 1 (1) (少年サンデーコミックス)

オンライン書店【ビーケーワン】楽天ブックスオンライン書店 boople.comコミック新刊や限定品をいち早く予約。既刊も品揃え豊富です。セブンアンドワイ受取り手数料無料のセブンアンドワイ欲しい本が、素早く届く!ブックサービス もご利用ください
【帯】 ようこそ、催眠の世界へ。心を抉る禁断の催眠サスペンス!! 後催眠、退行催眠、ダブル・バインド、イエスセット・・・ 高度な催眠技術の数々を駆使して展開される禁断の世界。

【裏表紙】 催眠というのは本当に人間を操れるのですか?
掲載=週刊少年サンデー2008年2・3合併号〜10号

小学館

少年サンデーコミックス
2008(平成20)年5月21日初版第1刷発行
定価=400円+税


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM