【オススメ】 竹内文香/友達ごっこ

友達ごっこ 1 (1) (マーガレットコミックス) (コミック) 竹内 文香 (著)

■ 【オススメ】 身に覚えのないことで ハブにされるが健気にがんばるヒロインの話。

ある日学校に行くと 皆の態度がよそよそしい。 プロフが原因らしいが、 ヒロインは、ぷろふって何?と 知識もまったくなく、身に覚えがない。 親友二人にも距離を置かれたが なんとか弁明。友人の知恵により、 別のプロフを立ち上げれば本人のものではない 偽のものだとわかるはず、といわれ、 協力のもと作ってみるが、そこも結局のっとられてしまい・・・

突然の悪意ある攻撃で孤立してしまう女の子のお話。 ただ、親身になってくれる友人はおり、 クラスの男の子でも気にしていないひとがいて、 四面楚歌な状態とはならず。そうはいっても 立場は微妙でストレスはたまる。 ケータイは自分で折って破壊したが、 それで当人がやっていることではないとわかっても、 火のないところに煙はたたず、とばかりに ほかのみんなは敬遠する、というのがシビア。

読み始めは若干ごちゃごちゃして 、どうかな、読みづらいかな、 と身構えたけれども、主要な登場人物が 仲良し三人組とプラス絡んでくる男子の 計4人から膨らまないので、 これ誰?という事態にはならず、 すぐ慣れた。

本編では、親友のうちの一人の やっていることなんじゃないかと ヒロインは目星をつけており、 でも疑っちゃいけないかな、 ぎくしゃくさせちゃあ気まずい、など気遣って 面倒な状況になっている。いったい誰がなんの目的で、 というのがわからないまま時間が進んでいくので サスペンス的な読みかたもできる。

こういうのをよむと、 ティーンは世界が狭いからたいへんだよね、 と思ってしまう。

■続刊購入する?→ 【買う方向】

竹内文香 (たけうちあやか)
友達ごっこ (ともだちごっこ) → 【 友達ごっこ/1|竹内 文香|マーガレットコミックス|BOOKNAVI|集英社 , アマゾンで購入 , ビーケーワンで購入

昨日の友は明日も友? このお話は…佐久間紫月は高校2年生。夏休みが明け、2学期最初の日。紫月は、クラス中からシカトされてしまう。もちろん友達の百合や繭からも。原因は、紫月の偽プロフだった。身に覚えがないことが原因で、平和な高校生活は一変してしまう…
掲載=マーガレット平成19年No.19〜24

集英社
マーガレット コミックス
2008(平成20)年2月29日第1刷発行
定価=390円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM