たちばな梓/女王の放課後

女王の放課後 (講談社コミックスフレンド B) (コミック) たちばな 梓 (著)

■ 【オススメ】 ステキ女子の物語。新たな女王が誕生!すかっとします!

ヒロインは雑誌でも街のスナップでよく 取り上げられる可愛い子。その外見の裏には、 将来はセレブになる、 という野心がある。しかも、 読者モデルを振り出しにキャスターを 経て大富豪を捕まえて、と計算ずく。 振る舞いも当然それにしたがって、 ということで愛想も計算も基づいたもの。 合コン(ダブルデート?)に出かけたのも No.1人気の名門高校からのお誘いだから。 期待して出かけ、予定通りデートにつなげたが、 しかし 相手はどうも二股をかけているらしい・・・

計算高くプライドも高い少女の物語。 戦略家のイラつく話か、それを嗤うコメディかというと、 そうではなくて、近いのは「 斉藤さん」だったりする。

戦略家だが、自分は自分、他人は他人なので、 むやみに人を蹴落とそうとも考えずそもそも関心がない。 一方で自分の考えることには素直に従い行動する。 受けた恨み妬みは倍にして返す。 それだけの行動力、実行力がある。

怒りを爆発させるところは格好良くすかっとする。吐いているのは正論だし。 まぁ、その正論を吐いた次の瞬間、否定した相手とおんなじような行動をとる のが女王らしいところですが。

この手の話だと、「 斉藤さん」の ように、物語を語り動かしていくのは狂言回しの普通の人物に委ねがち なところを、ある種狂犬のような女王様自身の視点で語っていく ので勢いが途切れない。ワンパターンな構成の割りに 一巻4話を読んでも飽きません。

一巻表記ないが連載中とのことでご紹介。 コメントで教えていただいた 「 コミックス×ブログ」のえびちりこさんに感謝。

■続刊購入する?→ 【買う方向】

たちばな梓 (たちばなあずさ)
女王の放課後 (じょおうのほうかご) → 【 BOOK倶楽部 , アマゾンで購入 , ビーケーワンではどういうわけか商品が見つけられず・・・ 】

新世紀ケダモノ系ヒロイン、降臨。

龍崎麗奈 (高1)。 カリスマ読モ→報道キャスター→セレブ界の頂点という人生の野望を達すべく、仔兎のような愛くるしさと狼のごとき知略を武器に、今日も闘う!

掲載=別冊フレンド増刊別フレ2007 7月号、9月号、11月号、2008 1月号

講談社
講談社コミックスB 1567巻
2008(平成20)年2月13日第1刷発行
定価=400円+税

マンガ一巻読破は、 2005年1月以降に発売された漫画単行本のうち「1巻」表記のある 作品を網羅してレビューするサイトです。◆
RSSリーダーでのご購読にはこちらをご利用下さい



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM