松浦聡彦/カットビビジュアル系 舞

カットビビジュアル系舞 1巻 (1) (ヤングキングコミックス) (コミック) 松浦 聡彦 (著)

■ ファッション雑誌の人気モデルが 鳶の親方を兼任!なかなか楽しい出来に仕上がっています。

ファッション雑誌の人気モデルは、実家が建設会社。 父親が駆け落ちしてしまい、元請にでもバレたら 仕事が止まりかねない、ということで、親方は過労で入院、 お嬢がその代理を仕切っていることにしてなんとか 凌いでいくことに。社員たちに押し切られ、異色の二足のわらじを はく事になったヒロインだが、そこはモデルをするだけの肝っ玉、 度胸を据え割り切って鳶の親方業もこなしていく。

そんな両極端な生活を送るシチュエーション・コメディ。 本業のモデルは順調にステップ・アップ、 実家の仕事のほうも面白くなってくる、という内容で、 その場に立ち止まってドタバタしているだけのコメディではなく、 物語も人物も前に進んでいく。

殻を破ることに必死になったり、タイムイズマネーを身上にしたり、 という人物に、そんなにあせらなくれもいいんじゃないか、 と語りかける部分もあり、タイトルや設定で受ける印象と 違って内容は濃い。

トビの現場では、飲みすぎて翌日の仕事に支障をきたしたり、 競馬で大もうけしてはトンズラしたり、というエピソードも描かれており、 シビアな現実も取り込んで話をつくる。

インパクトある設定も、それを出オチに終わらせていない 、しっかりとした内容の作品です。

松浦聡彦 (まつうらときひこ)
カットビビジュアル系 舞 (かっとびびじゅあるけいまい) → 【 少年画報社 / comics , アマゾンで購入 , ビーケーワンで購入

東京の下町にある建設会社「鳶田組」。大酒飲んでも腕は確かの鳶職人たちをたばねる彼女は23歳。現役スーパーモデルの舞ちゃんが足場に飛び乗りメガホンとれば、現場の空に花が舞う……!!  建設現場を舞台に繰り広げられる笑いと涙の人生劇場。汗とホコリの男の職場に、ガテン系お嬢様が舞い降りる話題の大人気コミック、待望の第1巻!!
掲載=ヤングキング平成18年18号、19年4号、16号、23号

少年画報社
YKコミックス コミック905
2008(平成20)年3月1日初版発行
定価=533円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM