なかいま強/ライスショルダー

ライスショルダー 1 (1) (モーニングKC) (コミック) なかいま 強

■ 女子プロボクシング物語。

巨体巨漢の力持ちな女の子、おこめちゃん( あー、読み間違えないように)は、奉納相撲大会で 男を張り倒して優勝、賞品の米俵を持って帰る。 その現場を目撃したのが、女子プロボクシングの 興行に頭を悩ませていたかつてのスター選手。 ひざを壊して引退した彼女は、スター発掘のため 全国各地を回っているところだった。

スカウトを一度は断ったヒロインだが、 父親が家を出たため、それを探すために上京する。 その手伝いとの引き換えにジムは条件を出し、 その取引を経てヒロインは少しずつボクシングの世界に引きよせられていく。

素質に恵まれた人間が、その素質を活かす道に進む物語。 なのだが、一巻ではまだ逡巡している状態。 人を殴るなんて、というところで止まっていてアイドリング中。 なので話は大きく動いてはいないが、それでも面白さは感じる。

憧れていても素質に欠ける人間を登場させ対比して、 残酷な現実も描くが、登場人物全員がステップを上がっていきそうな 話で、不公平だの嫉妬だのいがみ合いだのという方向で ページを浪費することはなさそう。

■続刊購入する?→★★★★
同時発売の2巻は買います。

なかいま強 (なかいまつよし)
ライスショルダー → 【 BOOK倶楽部 , アマゾンで購入 , ビーケーワンで購入

身長193cm、体重92kg。秋野おこめ、18歳。 目指すは女子ボクシングヘビー級世界チャンピオン!!

秋野おこめは身長193cm、体重92kgのヘビー級な18歳。村の相撲大会に出場したおこめは力自慢の男たちを次々となぎ倒し見事優勝を飾った。そんなおこめの姿を偶然目にしたのは、東京のボクシングジムでトレーナーを務めるあかね。あかねは有望な女子ボクサーを求めて全国を歩き回っている途中だった。そして運命はおこめをボクシングへと導いてゆく!

掲載=モーニング2007年7号、9号、11号、13号、15号、17号、 19号、21・22合併号、24号

講談社
モーニングKC 1646
2007(平成19)年12月21日第1刷発行
定価=524円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM