梅太郎/パパおかえり

パパおかえり 1 (1) (バーズコミックス ルチルコレクション) (コミック) 梅太郎

■ 大好きだった「パパ」が戻ってきて、 心は揺れ動く。

美人の母親似で、甘え上手な高校生。友達も彼氏もいる。 足りないのはパパくらい−そこに帰ってきたのはかつてのパパ。 昔、一年間だけパパだった人が、放浪生活の末、 戻ってくる。が、 バカ正直に待っていてくれると思っていたらしい 彼女、つまり主人公の母親だが、彼女は既に再婚して しまっていた。悄然とする彼と二人の同居生活。 しかし落ち着かない主人公。彼の初恋の相手であり ファーストキスの相手は、このパパなのだった。

というBLもの。義母ものの変形・・・いや、そういうんじゃないか。 疑似家族もの、というのは「パパ」の側からはそうだが、 主人公の側はパパをパパではなく好きな人として見ているのでまた違う。 好きになった人がパパだった、というのとも違うな・・・ ママの好きなひとを僕も好きになってしまった、という、 初恋ではありがちな話をゲイネタでやっている。

展開はストレートのはずのパパも恋人宣言する方向にいってしまい、 そうなると何も障害がなくなってしまうのだが、このあとどうするんでしょうか。 相思相愛コメディになるのかな。

巻末には、この顛末の母親側からの視点があり、 このエピソードが一番切ないし笑える。

■続刊購入する?→★★★

梅太郎 (うめたろう)
パパおかえり → 【 幻冬舎 パパおかえり (1) ⁄ 梅太郎 著 , アマゾンで購入 , ビーケーワンで購入

春生の前に突然現れたのは、母親の昔の恋人で1年間だけ「パパ」だった志郎。春生は志郎を意識してしまい、付き合っていた修也と別れてしまうが…!?
掲載=ルチルvol.11〜21(2005年11月〜2007年11月)

幻冬舎コミックス
バーズコミックス ルチルコレクション
2007(平成19)年12月24日第1刷発行
定価=590円+税

マンガ一巻読破は、 2005年1月以降に発売された漫画単行本のうち「1巻」表記のある 作品を網羅してレビューするサイトです。◆
RSSリーダーでのご購読にはこちらをご利用下さい



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM