十文字青、BUNBUN、是美三々/薔薇のマリア

薔薇のマリア 1 (1) (角川コミックス・エース 188-1) (コミック) 十文字 青 (著), 是 美三々 (イラスト)

■ もう少し丁寧に人間関係を描かないと初見のひとは 置いてけぼりでは?

美女に見える17歳の美少年は、その容姿で得をしたことなどない。 寄ってくるのは変態ばかりだし、強姦恐喝あたりまえの無統治 国家では目立つことは命取り。稼げる職業が 武器売買と水商売そして迷宮探索を行う侵入者の3つだけ。 主人公の生業は最後の「侵入者」。ダンジョンに入って お宝を探すのが仕事。

お宝探しのダンジョンものだが、そのダンジョンは異世界にあって、 魔法陣を書いて呼び出すという仕掛け。なので、 冒険に行く途上の旅はなし、いきなり目的地に入ってしまう。 パーティの人数は多いのに、人間関係をじっくり描く 間もなくダンジョン探索に入ってしまうので、 とっつきづらい。

さすがに多少のやりとりはあるのだが、 主人公達が既に知り合いという設定でのじゃれ合いなので、 初見の者には入って行きづらい。設定自体はしっかりと あるようなので、読んでいて理解不能が増していくという ことはないのだが、シリーズものの続編という雰囲気で、 物語の中に入り込めず。そんな設定なんだぁ、ふーん、 と思いながら読む作品で、つまり外から眺めるような形。 読んでいて乗り切れない。

■続刊購入する?→★★

原作=十文字青(じゅうもんじあお)、 漫画=是美三々 (すなおみすず)、 キャラクター原案=BUNBUN(ぶんぶん)
薔薇のマリア (ばらのマリア) → 【 薔薇のマリア (1): コミック&アニメ: 是美三々 | 角川書店・角川グループ , アマゾンで購入 , ビーケーワンで購入

「侵入者」として暮らすマリアは、ひょんな事から借金を背負い、自分の剣まで取り上げられてしまう。そんな時、仲間のカタリから儲け話を持ちかけられ、アンダーグランドへ探索に行くのだが!?
掲載=ビーンズエースVol.6〜9

角川書店/角川グループパブリッシング
角川コミックス・エース
2007(平成19)年9月26日初版発行
定価=540円+税

マンガ一巻読破は、 2005年1月以降に発売された漫画単行本のうち「1巻」表記のある 作品を網羅してレビューするサイトです。◆
RSSリーダーでのご購読にはこちらをご利用下さい



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM