【オススメ】 吉野マリ/桃色ヘヴン!

桃色ヘヴン! 1 (1) (デザートコミックス) (コミック) 吉野 マリ

■ 【オススメ】 冴えない女の子が、王子様に弱みを握られ 奴隷として扱われるお話・・・というと語弊があるが。

普通で地味めな女子高生のヒロインは、 実は官能小説家。父が亡き後、その文才を買われて 未完の原稿を完成させる。以降も父の死は公表されず、 彼女がゴーストライターを続けている。それは、 父の残した借金を抱え、体の弱い母は入院、そんな状態で 弟との暮らしを支えるため。

しかし、学校に入学してきた人気モデルの美少年が、 女教師としている現場に遭遇。その場面を小説に 流用したことから、彼に真相を気づかれてしまう。 そしてそれをネタに脅されることに・・・

という展開であるが、そこでエロ話に行かない節度ある ストーリーが素晴らしい一品。処女少女「官能」小説家、 ということでヒロインが処女設定なのも定番、 そんな地味系少女が美少年に興味をもたれるという 展開も定番の王子様ものラブコメディ。 官能小説家なのでエロ話も含むのだが、実際の行動は寸止め。 耳年増って行動が晩熟だったりしますな、確かに。

パターンに見えるコメディなのだが、 細部がしっかり描かれているので面白さが違う。 官能小説部分をきっちり作りこんでいるところが この話を支えています。

■続刊購入する?→★★★★★
これは楽しい。

吉野マリ (よしのまり) →【 *花毬* , アマゾンで検索
桃色ヘヴン! (ももいろへう゛ん) → 【 Dessert on the Web:KCデザート , アマゾンで購入

一見フツーの女子高生・椎名桃子は、じつは官能小説家。こんなハズカシイ秘密、誰にも言えない! なのに、全校女子羨望のスーパーモデル・伊縫蘭丸にバレちゃって、ど、奴隷!? 読めばたちまち桃色気分・超刺激的ラブコメディ!!
掲載=デザート平成19年3月、5月、7月、10月号

講談社
講談社コミックスデザート 475巻
2007(平成19)年10月12日第1刷発行
定価=400円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM