【オススメ】 上橋菜穂子、藤原カムイ/精霊の守り人

精霊の守り人 1巻 (ガンガンコミックス) (コミック) 藤原 カムイ

■ 【オススメ】 話題作のコミカライズは構成がしっかり。

短槍使いとして知られる女の用心棒。 吊り橋から川に落ちる第二皇子を助けたことで 妃から彼の身を任される。 跡目争いの面倒に巻き込まれるのか、と警戒した ヒロインだったが、事態は更に厄介だった。

帝に命を狙われている皇子を逃がしたい、とする母親。 真相を告げたためヒロインに選択肢はなく、 皇子を連れて行くことになる。 よからぬ物に憑かれていることはわかっている 妃とヒロイン、詳細まではわからないが、 頭が切れるのでおおよそのことを想定できている。 ここが、頭の悪い登場人物が右往左往する話と違う。

右往左往話にしなくて済むのは、 その上を行く真相を設定し、 それを知りそれに沿って動く人物が存在するから。 帝の側とそれに繋がる聖導師、そして狩人。 全貌を掴む彼らが行動することで、 読者には全体像が見える。それでいて、 やきもきするような 魯鈍な動きをヒロインがとらない、 という点が上手いところ。

こまかいところでは、追っ手側が、無駄な殺生をしていないところ、 ヒロインを追うためにそれと関係したと思われる 人物を責める展開になっていないところに 好感を持ちました。

着衣のまま入浴かぁ、みたいな落胆は、また別の話。 サービスショットに使えそうな場面を使わないところが 萌えるのですよ(いや、そんな狙いではないと思う)。

■続刊購入する?→【買う方向】

それは、命をかけた逃亡の始まり――。 女用心棒・バルサは、帝に命を狙われている皇子・チャグムを連れて終わりなき逃亡の旅へ出ることに…。 藤原カムイが描く至極のアジアン・ハイファンタジー、堂々の登場!!

【帯】 TVアニメ最高潮  それは、命をかけた逃亡の始まり−。

藤原カムイ (ふじわらかむい) →【 KAMUI'S NOTE , アマゾンで検索 】 、 原作=上橋菜穂子 →【 アマゾンで検索
精霊の守り人 (せいれいのもりびと) → 【 ガンガンコミック一覧 , アマゾンで購入

掲載=月刊少年ガンガン平成19年4月号〜8月号

スクウェア・エニックス
ガンガンコミックス
2007(平成19)年10月22日初版発行
定価=390円+税

著者の他作品(過去記事)→ 藤原カムイ×大塚英志/アンラッキーヤングメン



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM