夢枕獏、子安秀明、野口賢/狗ハンティング

狗ハンティング 1 (1) (ジャンプコミックスデラックス) (コミック) 夢枕 獏 (著), 野口 賢 (著)

宇宙開発の過程で誕生した、突然変異の新たな生物。人類を超える能力を 持ったが、宗教や倫理、人類に対する影響といった理由から 破棄することが決定される。以来、狗と呼ばれる彼ら新人類と 人間は戦いを続けていた。但しそのことはごく一部の者しか 知らない。

念を使う狗を狩るのは、同様の能力を持つ念呪者。狗が全滅するか 人間が全滅するかの戦いの中、もし狗が全滅すれば次に 人間は念呪者を殲滅せんと狩りはじめるだろう、そのことは 追う念呪者である主人公も思いはする。しかし、 殺し合うだけでない未来があってもいいだろう、ありうるはずだ、 と信じている。

そんな話であるが、冒頭の0話は殆どをモノローグのネームで 紹介するという最低な描き方。さすがに続く1話めからは普通の マンガになっていてほっとするが印象は悪い。

ハードをがちがちに作り込み、独自の用語で固め、しかし内容は ありふれたものというのはハードボイルドの定石ではあるが、 こうした虚仮威しが通用する時代ではないような。まぁ ある程度の年齢以上には受けがいいのかもしれない。 内容は要するにエスパーvsエスパーという、 使い古されたものである。が、その分こなれている利点はあり、 語り口を楽しむというオトナの読み方をするなら充分に楽しめるだろう。


評価:C
評価は、A:傑作、B:佳作、C:無印、D:薦めない

【帯】鬼才夢枕獏  初のオリジナル原作 完全コミック化 plug in start!!

【裏表紙】未だかつて見たことのない、究極の超絶決戦勃発!! 暴走する人間科学が産んだ人類を越えた生命体:“狗(く)=ドッグ”。 そして、その“狗”をハンティングする“念呪者(サイコシスト)”たち  人類を巻き込む真の生存をかけたサヴァイヴァルが、今始まる・・・

原作=夢枕獏(ゆめまくらばく)、 作画=野口賢 (のぐちたかし)、 構成=子安秀明(こやすひであき)
狗ハンティング (Dog Hunting) → ビーケーワンで購入 , アマゾンで購入

掲載=スーパージャンプ平成17年23号、19年新年3号〜6号

集英社
ジャンプ・コミックス デラックス
2007(平成19)年7月9日第1刷発行
定価=590円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM