【オススメ】 井原裕士/超常機動サイレーン

超常機動サイレーン 【オススメ】 表紙からして戦隊もの、帯には「恋する二人は敵同士?」「新感覚特撮ヒーローラブコメついに登場」

カバー外すとあとがきが登場するが、それは最後に読むとして本編へ。街中で暴れるのは予告を出した上でエコロジーのためにと宣言しながら攻撃を行う怪人と怪物体、それに対抗するのが戦闘スーツを着用したヒロイン。スーツの性能を精神波とのシンクロによって引き出すことで力を発揮する仕様。その相性のよさからヒロインと同僚のふたりの女性が特殊部隊に配属された。

ヒロインのドジから、敵方のドクターと遭遇、彼はヒロインが警察(公共警備)に勤務することを知り、サイレーンのことが聞き出せるかもしれないと接触を繰り返す。が、それは傍から見たら単なるデートなのだった。

こうしたラブコメに加えて、お互いの舞台裏がおちゃらけ。警察のほうはまだしも、襲う側は表ではふつうの企業であり、その裏はマッドなのかと思いきや・・・なんかみな普通で邪気もなく、なんのためにこういうことをやっているんだ?いや、その原因らしきものは示されてはいるんだが・・・

怪人が破壊され、うわ予算が足りないよまた残業だよ、という話が繰り返されるのは、同人誌的というか楽屋落ちっぽいというか、絵の崩し方含めて、そうした引いてしまう部分はありつつも、その裏側を書いちゃう発想こそ面白く。戦闘場面の映像が流出しネット上で話題になって問い合わせが殺到するなんて流れは、ふつうの戦隊ものじゃあ絶対になかろう。

ラブコメとしてなかなか楽しめる一品。

■続刊購入する?⇒ ★★★★
けっこうツボにはまった。

井原裕士(いはらゆうじ)⇒公式サイト
超常機動サイレーン

掲載=コミック電撃大王2004年8月〜2005年3月

メディアワークス/角川書店
DENGEKI COMICS
2005年5月15日 初版発行
定価=550円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM