【オススメ】 青木幸子/ZOOKEEPER

ZOOKEEPER 1 (1) ZOOKEEPER 1 (1) 青木 幸子

題名が題名ですがゲームとは関係なく、 というかそのものずばりの動物園の飼育係のお話。

マスコミ露出が多く人気の通称クマ園長がいる動物園。 彼は表の顔と実際とでは大分違い、クマどころかタヌキ、 イヤミで横柄、しかし切れ者。新人職員であるヒロインの 秘密も一目で見抜く。その秘密とは、特別な能力を持つ目。 彼女はその目を仕事に活かしていく。

動物園ものだが、動物ってステキ、という甘々な視点ではなく、 飼育係って大変、という程度も越えて、 現在の動物園の置かれている状況と意味まで問うた内容になっている、 極めてオトナな作品。行動展示という現在の主流をとらえ、 かつその問題も掘り下げつつ、単なる問題提起 にとどまらずフィクションとして更に先に向かっている。

主人公は特別な能力を有しているが、それに問題解決をゆだねず、 更に高度な問題を提示している内容は志が高い。 強みは弱みでもある、それをどう使うかが最大の課題だ、 というテーマを取り入れているところが 素晴らしい。時にひとは、他人の特長を羨むが、しかしそれを どう使いこなすかが本当の力量である。

動物飼育というユニークさ、ビジネスとしての視点、 世間やマスコミの流されやすさ、その中で育っていく人間を描いた 成長物語。心の声を文字にしすぎ、という点はあまり好きではない 作り方なのだが、そんなことを気にするような段階を越えて 物語は転がっていく。

課題があるとすれば、ややぎこちない絵と、ヒロインの住む家や環境同居人の設定。 後者は適当すぎ、要らないかも。絵はしかし読んでいると全く気にならない。 それだけ話に力がある。

■続刊購入する?→【絶対買う】

【帯】 動物園は好きですか? 動物(ズゥ)の守護者(キーパー)が見つめる、 リアルな動物園の世界!ただ「見る」だけではわからない、人と動物の深い“つながり”−。

楠野香也 Kaya Kusuno 新米飼育係、楠野香也。 彼女には“温度の変化が見える”という特殊な能力があった。何のための能力なのか? 自問を重ねながらも、香也は自らの能力を動物のために使う。「生命」 という「未知」に魅せられた者・ZOOKEEPERとして−。

青木幸子 (あおきさちこ)
ZOOKEEPER(ズゥキーパー) → ビーケーワンで購入 , アマゾンで購入

掲載=イブニング2006年8号〜15号

講談社
イブニングKC
2006(平成18)年9月22日第1刷発行
定価=514円+税



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM