外本ケンセイ/さよならブラック企業 働く人の最後の砦「退職代行」


さよならブラック企業 働く人の最後の砦「退職代行」(1) (ヤングキングコミックス) (amazon), さよならブラック企業 働く人の最後の砦「退職代行」 (honto)

■人生は一本道ではない、人生の選択肢は無限にある、という話には同感。

好きなものでさえ最後まで終わらせられない、何事も中途半端と自覚している 女子。そんな彼女は今度は絶対に逃げない、ちゃんと最後までやり通すんだ、と 誓って会社勤めをしていた。しかし彼女の勤め先は営業成績で社員を追い詰める ブラックなテレアポ営業会社だった。


そんなヒロインが救われるところから始まる話。いっぱいいっぱいになっていたところで 偶然出会った女性に、道は一本ではない、辞めることも重要だと教わる。 その女性は退職代行や労働問題を専門とする法律事務所の弁護士だった。 忘れ物を届けるために訪れたところ、そこの仕事を手伝うことになる。


正義や大義の話が柱で、ヒロインが気持ちで突っ走り、失敗も起こすが、 フォローされて仕事に馴染んでいく話。に見えるが、もう少し大きな視点も 用意されている。昔ながらの中小企業はブラックに見えるが、 そういう形でないと維持できないというジレンマにも触れている。 そうした中小企業が社会の成長を抑制しているというのが定説だが…。


ヒロインを救いあげた弁護士にも当然バックストーリーがあるわけだが、 一巻はそのあたりには触れず何も知らないぺーぺーのヒロインに特化して 話を展開しているのは読みやすい。一方でよくある話にも見えてしまった面も。 思いを爆発させて啖呵を切るような場面は、それがあると構成しやすいのだろうけれど、 話が安っぽく見える。そこで終わらせない構成は良いと思いつつ、 一巻の段階でそのレベルの話から一歩上がったところが読みたかった気はする。 ヒロインの成長のためとはいえ、最初のエピソードにループしたかのような 展開は冗長な感じも。螺旋階段のように前にいた場所とは似て非なる場所に いるのだろうが、別のエピソードを1巻ではいれたうえで2巻の序盤でやると 良かったのでは。


【データ】
外本ケンセイ
さよならブラック企業 働く人の最後の砦「退職代行」
【発行元/発売元】 少年画報社 (2020/10/12) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ さよならブラック企業 働く人の最後の砦「退職代行」(1) (ヤングキングコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ さよならブラック企業 働く人の最後の砦「退職代行」 , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
辞めたい…けれど辞められない…パワハラ・過重労働・不当賃金・極悪ノルマ…無法地帯のブラック企業から逃れることはできるのか!?闘う女弁護士・不知火と見習い・リコが綴る”仕事”の真意を問う労働譚!「辞める」仕事は逃げじゃない!


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM