【オススメ】古賀由人/殺し屋ちゃんと死なないターゲット


殺し屋ちゃんと死なないターゲット(1) (電撃コミックスNEXT) (amazon), 殺し屋ちゃんと死なないターゲット(1) (honto)

■【オススメ】殺し屋の少女とターゲットのマフィアとのバディもの。

設定をひと捻り、というか題名どおりの出オチの内容。それで面白く読めるのだから 素晴らしい。


殺し屋として養成された少女。彼女が依頼を受けた相手の首をとる。刀で首を落としたのだが…死んだはずのボスは首から頭が生えて生き返った。当人もよくわからないが、何度死んでも生き返る。つまり殺し屋の少女がいくら殺しても死なないのだった。


彼女はできなかったでは帰れない。一週間とたち、彼女はマフィアのボスの家で世話されることになる。そうして始まる、殺す側と、殺されたい側とのバディもの。死にたい不死の吸血鬼系の話に近い。


殺し屋の少女はターゲットを殺そうとしているので元々の依頼には反しておらず葛藤はない、のだが仕事が終わらなければ逆に消される側にもなる、というわけでその辺のコンフリクションは早々に解決。物語は二人のバディものとして展開していく。


マフィアなので敵もおり、殺し屋が敵に回してはいけないらしい大きな組織もあって、 そこが絡んで話も大きくなっていく様子。それで物語が面白くなるのかどうかは微妙 なところだが、上手く転がしていってほしい。


【データ】
古賀由人
殺し屋ちゃんと死なないターゲット
【発行元/発売元】 KADOKAWA (2020/9/25) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 殺し屋ちゃんと死なないターゲット(1) (電撃コミックスNEXT) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 殺し屋ちゃんと死なないターゲット(1) , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
凄腕の殺し屋として育てられた少女<メメント・モリ>と、殺されても死なないマフィアのボス<レオナルド・アマレット>。暗殺者と標的として二人は出会い、殺し、殺された時、新しい愛と絆が生まれた。ときどきアットホーム、ときどき血まみれのファミリーアクション開幕!


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM