【オススメ】アキヤマ香/それでも男は信じません


それでも男は信じません : 1 (ジュールコミックス) (amazon), それでも男は信じません (honto)

■【オススメ】男性が苦手な女性陶芸家が講師をしている 陶芸教室は生徒が男ばかりで…。

祖父が陶芸家で自身もその陶房で働いている29歳の女性。 ただ個人作家は作品を売るだけでは生計を立てられないので、 陶芸教室を開いたり講師を掛け持ちしたりしている。ちなみに母も陶芸を していたが既に亡く、父は普通のサラリーマンという家庭環境。 そんなヒロインをめぐるお話。


彼女は実は男性が苦手。なのだが、夜の教室は男性ばかり となってしまった。新しい生徒も男性ばかり。加えて祖父も 教室をリタイア、人出の補充として来てもらったのは青年男子で、 彼女の苦手意識はどんどん高まっていってしまうのだった。


ある種の逆ハーレムものだが、当人がそれが苦痛であるというお話。 そうなってしまった原因は明確にあり、作中でもそれは示され、 そのトラウマをほぐす方向に話は動いていく。設定としては定番だが、 年齢設定や登場人物などなかなか絶妙。ただ、一巻の総ページ数が 125ページ(紙ではありえない表記ですが…)というのがちょっと寸足らずな印象あり。とはいえお値段は相応。紙書籍だと176ページで倍近くしますので…。


【データ】
アキヤマ香
それでも男は信じません
【発行元/発売元】 双葉社 (2020/7/31) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ それでも男は信じません : 1 (ジュールコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ それでも男は信じません , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
「長閑の庭」「アスコーマーチ!」のアキヤマ香が描く、本格ラブストーリー。陶芸教室で先生として働く、幸田ランには秘密があった。それは、男性にふれることできない「男性恐怖症」を患っていた。しかし、自分の教室に様々な年齢のイケメンが次々と入ってきて困り果てる。年下の陶芸家・佐久間くん、デザイナーの名取さん、メガネ店勤務の梶原さん、広告代理店勤務の田辺さん、そしてマイルドヤンキーの青山さん…。男性5人と関わるようになって、ランにも次第に変化が訪れる。また男性陣にも、色々な事情があるようで…。複雑な想いや人間模様が楽しめる極上センチメンタルドラマ!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 アキヤマ香/長閑の庭
【オススメ】 アキヤマ香/ぼくらの17−ON!
【オススメ】 アキヤマ香/アスコーマーチ!
【オススメ】 中島京子、アキヤマ香/平成大家族

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM