【オススメ】 秋月カイネ/Fの密命


Fの密命(1)【単行本限定エピソード収録】 (コンパスコミックス) (amazon), Fの密命 (honto)

■【オススメ】英国が中国からチャノキを持ち出す経緯を描く、実話に基づく物語。

19世紀、英国は中国から大量の茶を輸入していた。しかし茶葉は高く、偽造や再利用などが蔓延っていた。そして階級による貧富の差も大きい状態だった。主人公の青年は園芸家。園芸家にとっては幸運な時代であり、珍しい植物は売れ、商用価値が高いものは大量生産で富に繋がる。貧しい生まれでも植物に詳しくなれば成功できる、そう信じる彼だったが、彼の雇い主の頭にあるのは金儲けばかりで彼の知識を正当に評価できる器ではなかった。しかし その彼の知識を上流階級の紳士に披露する機会があり、そこから彼の人生は開けていくのだった。


実在した人物、ロバート・フォーチュンを題材に描く物語。アヘン戦争後も茶を中国から輸入するほかなかった英国が、チャノキそのものや紅茶・緑茶の製造方法などを手に入れることになった、その持ち出し、というか盗み出しに貢献したプラントハンターのお話である。


スパイものとして面白そうな話ではあるものの、盗人の話ではあるので、その辺を鑑みたのか本作では別の大きな物語を一本、立たせている。それが、貧困問題。貧しい者、虐げられる立場にある者の悲哀と、どうやって貧しさから抜け出すか、を題材としている。一方でそれを、使役する側も利用しようとする。そしてその思惑を見抜いてどう立ち回るか、というゲームでもある。


英国、というか東インド会社はロバート・フォーチュンという人物を駒に使い、どう転んでもチャノキを手に入れることができるような仕掛けを放つ。歴史上のあちこちに顔を出す英国のいやらしさを、英国人である主人公を使いながら、そこは階級社会という構図で主人公自身への反感には向かないよう描く考えられた構成になっている。


なお紙書籍は2018年リリース、2巻完結済。電子版は2巻同発となっているので続刊も買って読むことにします。→Fの密命(2)【単行本限定エピソード収録】 (コンパスコミックス)


【データ】
秋月カイネ
Fの密命
【発行元/発売元】 コンパス (2020/7/16) ※紙書籍→双葉社 (2018/1/27):Fの密命(1) (アクションコミックス) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ Fの密命(1)【単行本限定エピソード収録】 (コンパスコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ Fの密命 , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
【電子書籍限定エピソード収録!】茶の全てを中国から盗み出してくれないか――。19世紀中頃、英国では紅茶文化が花開き、大量の茶を必要としていた。しかし中国からの輸入に頼るしか方法はなく、貿易赤字は膨らむばかり。自ら茶を栽培したい英国だが、中国は茶樹の輸出はもちろん茶の製法すら明かさない。そこでイギリス東インド会社は、園芸家の青年ロバート・フォーチュンに中国から茶樹の苗、種、製造方法、道具、職人「茶の全て」を盗み出すよう密命を下す! 19世紀に実在した英国のスパイ・「F」の物語。(当コンテンツには『Fの密命(分冊版1〜5)』と同内容が含まれます。重複購入にご注意ください)


■当サイトの著者他作品レビュー
イノウエハジメ、秋月カイネ/パラ★ラボ

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM