【オススメ】 辺天使、津田穂波/ボクとキミの二重探偵


ボクとキミの二重探偵 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) (amazon), ボクとキミの二重探偵 (honto)

■【オススメ】気弱な少年と普段寝てばかりの少女、 不条理な少年と論理的な少女のバディが 事件の真相を解明していく。

おどおどしておりそれが嘲笑の的でクラスで浮いている男子。 そんな彼を転科してきた女子が興味を持ち怪しみ観察していた。 そして彼女は彼の口走ったことから事件の存在に気づき、 その真相に近づいていく。


エピソードのストーリーラインは、謎解き探偵もの。 気弱な少年が目にしたことをふと口にすることで、 少女が異変に気付くという展開のバディもの。 とはいえ二人は別に事件の謎解きをしたいわけではない。 そのツイスト具合が他の類似作と一線を画するところか。


少女は不可解なことを確かめたいだけ。彼女にとっては 少年も同様の存在。彼は何かを知って行動しているのか、 あるいはそうではないのか。一方少女も過去に何かがあったらしい。 そうした何かを隠したもの同士のコンゲーム的な話は ツイストが効いている。


一巻は面白く読ませる。ただしこの展開だと、 巻を重ねるにつれて内容レベルをどんどん上げていかないと ならなくなるのではないかと思うが…。


【データ】
原作=辺天使、漫画=津田穂波
ボクとキミの二重探偵
【発行元/発売元】 集英社 (2020/7/3) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ ボクとキミの二重探偵 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ ボクとキミの二重探偵 , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
僕徒レオ、通称「ボクちゃん」は気弱で一人ぼっちの高校2年生。そんな彼の隣の席に座っていたのは、君乃ミキという居眠りばかりしている女子生徒だった。ある日、クラスメイトの姫川が行方不明に。この事件に興味を持った君乃は僕徒と共に美術室へ向かい事件の真相を目指すというが――!? 二人の不可「解」な学園推理サスペンスの幕が上がる――。


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM