【オススメ】 桜木桜、神谷ユウ、柴乃櫂人/三大陸英雄記


三大陸英雄記 (1) (角川コミックス・エース) (amazon), 三大陸英雄記 (honto)

■【オススメ】幼くして即位した皇帝による衰えた大国の再興記。 異世界転生ものの亜種。

かつて衰退の一途にあった帝国を一代にして大国へ再び押し上げた 皇帝の英雄譚を遡って綴るお話。成功が確約された話であるので 興味半減してのスタートであり、よって結果ではなく経緯、 手法をどう描くか次第で面白くなるかどうかが決まる。 そして本作は相応には面白い。


ライトノベルのコミカライズ。主人公はまだ十二歳。皇帝がなくなり、 兄ふたりを差し置いてその地位に就くことになった。…その兄はどこへ行ったのか、 内紛はなかったのか?今後もその手の要素がないのなら、兄がいるという設定は意味がないのだが。


一方主人公が皇帝になれた理由、それは彼の才能ゆえ。 さらにいえば、前世の記憶を持っているから。 別世界の日本で育ったサラリーマンの記憶を知識として持っているのだった。 そこにはそれを楽しむ気まぐれな悪魔が介在しているようだが。 この悪魔の存在も意味があるのかどうなのか。


幼馴染の女の子に転がされ、まずは財政から改革しようと手を付ける。 税制を整備し特産物を用意し国土を整備、というところまで駆け足で描いたところで、 戦争の話に突入。上っ面な話とみるか、本質をついているとみるか。


この話の本質は、かつての大国が分裂している状態を改めて統合して再興する というところにあるのだろう。 戦記ものに入って本領発揮ということであれば続刊に期待したい。


【データ】
原作=桜木桜、漫画=神谷ユウ、キャラクター原案=柴乃櫂人
三大陸英雄記
【発行元/発売元】 KADOKAWA (2020/7/3) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 三大陸英雄記 (1) (角川コミックス・エース) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 三大陸英雄記 , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
衰退の一途を辿るレムリア帝国の新皇帝はなんと若干12歳の少年!? しかし、実は彼には誰も知らない秘密があり…? これは後に三大陸の覇者『聖光帝』として歴史に名を残す若き皇帝の物語である――!


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM