【オススメ】 高野雀/しょうもないのうりょく


しょうもないのうりょく (1) (バンブーコミックス) (amazon), しょうもないのうりょく (honto)

■【オススメ】殆どの人が異能を持ち、それを履歴書に書く世界を舞台にした、 ゆるいファンタジー。能天気なテイストで気が休まる。

普通のオフィスもの、に見える話だが、履歴書に所有資格同様、異能というものを書く欄がある世界のお話。たいていの人は異能があり、それは医者に診断される。大企業などはその異能を生かして人員配置をしているようだが、舞台はそういうことをしない小さな会社。そこで、 書類を崩さず置ける異能を持つ人物を主人公に展開していく職場コメディ。


実は主人公には別の異能もあり、それは他人の異能がわかる能力。ただ精度がそれほど高くはないらしい。それでは履歴書には書けないですよね、と医師を説得して診断書には書かないでもらった次第。実際自身もその能力は自覚しており、すべての人に対してわかるものではないと認識もしている。主人公のその能力のおかげで、この物語は転がっていく。


なにせ見えないものが見える能力で、しかもその異能自体が社会の中軸、とはいわないまでも一角を担っているのであるからして物語を転がすパワーがあるのだが、それを異能をほぼ気にしない小企業を舞台にちまちまやっているのが素晴らしい。ただそれだけでは転がしづらいのか、トリックスター的な要素を放り込んできており、それはそれで良いのだけれど、シチュエーションコメディとして登場人物限定してどこまでできるかやってほしかった感じもあり。まぁ贅沢なお願いですが。


【データ】
高野雀
しょうもないのうりょく
【発行元/発売元】 竹書房 (2020/6/27) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ しょうもないのうりょく (1) (バンブーコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ しょうもないのうりょく , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto

見るだけで服のサイズが分かる異能、果物の旬が分かる異能、蚊を一撃で倒せる異能など、この世界では誰もが取るに足らない「異能」を持っている。
主人公OL・星野は、書類を崩さずに詰める異能と、あともう一つ、人には言えない異能を持っていた。
それは他人の異能が分かる異能。そしてしょっちゅう風邪を引いている同僚の藤原に、超レアな不老不死の異能があると分かり!?
ちょっぴり変わったオフィスを舞台に繰り広げられるSF(すこし不思議な)異能力オフィスコメディ! ★単行本カバー下画像収録★


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 高野雀/世界は寒い
【オススメ】 高野雀/13月のゆうれい
【オススメ】 高野雀/さよならガールフレンド

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM