【オススメ】 高橋由佳利/新・トルコで私も考えた


新・トルコで私も考えた 2020 (マーガレットコミックスDIGITAL) (amazon), 新・トルコで私も考えた 2020 (honto)

■【オススメ】違う雑誌への掲載、違う出版社からの発行、とはいうものの 単行本で読む者にはほぼ違いはなし。相変わらず面白い異文化コミュニケーションもの。

四半世紀にわたるトルコエッセイの最新作は、トルコで暮らす日本人妻会から始まる 一風変わった導入から。しかもその席に市川ラクさんも参加するという。 → 【オススメ】 市川ラク/白い街の夜たち


イスタンブールが舞台もアジア側のカドゥキョイについて言及する機会が多く、 最近おしゃれスポットが増えてイスタンブールっ子のあこがれの街だと。 これは海峡トンネルを通る地下鉄が開通したから、という説明があるが、一方で 今まで繁華街だったベイオールがアラブ系の移民が増えて様子が変わったので 地元民が移動してきた、という話も書かれており、なるほど、そういうものだよな… と思った次第。


旦那さんが旅行会社で働いているので地元の穴場レストランをリサーチしたい、 ということでグルメ編もあり、場所も内容もバリエーションに富み 今まで以上にご当地ものとして楽しめた。しかも、続きは次号!と告知しながら その回がこの単行本に入りきらないという巻またぎ。そんな話をしつつ巻末には 特別編として別のエピソードが挿入されるという…まぁ続刊は確実にあるのだな、 という楽しみはできたが。この特別編は内容が本編と重複するが、秋田書店の『フォアスミス』で掲載されたものということで、あら珍しいと思いつつ、本編も実は今までとは違う雑誌、単行本も違う出版社からの刊行とのこと。


とはいえ『オフィスユー』掲載で、集英社クリエイティブ(旧・創美社)刊行なので、マーガレットコミックスの冠はあるし、読み手としては特に変わった印象はなし。紙書籍だと何か違ったりするのかな…。


【データ】
高橋由佳利
新・トルコで私も考えた
【発行元/発売元】 集英社 (2020/6/25) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 新・トルコで私も考えた 2020 (マーガレットコミックスDIGITAL) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 新・トルコで私も考えた 2020 , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
【高橋由佳利の大人気コミックエッセイ シリーズ最新刊!】連載26年目を迎えても、トルコは初めてが尽きません!! 姪の結婚式から見えてきたのは、トルコの今どき結婚事情!? トルコ人が長い夏を過ごす「夏の家」って!? そして、トルコのとっておきグルメも満載。四半世紀続く超人気シリーズ。トルコの夏は、まだまだ魅力がいっぱいです!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 高橋由佳利/トルコで私も考えた 成長編
【オススメ】 高橋由佳利/トルコで私も考えた トルコ料理屋編
高橋由佳利/守ってあげたい 鍼灸師・診子の初恋

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM