マツリセイシロウ/ゴールデンボーズ


ゴールデンボーズ 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) (amazon), ゴールデンボーズ (honto)

■住職を失った寺で僧侶になりすます詐欺師のお話。

役者あがりの詐欺師は犯罪で逮捕されたが司法取引で出所。しかし綺麗にいろいろ 吐いたおかげで元締めのやくざに狙われるぞと刑事に注目される。実際、自宅には火がつけられた。慌てて逃げようとするがアテもない、と思っていたところカバンから覚えのない本が一冊。 その中にはいまだ行方しれずとされる戦中の里見機関の資金にまつわる隠し財宝について記された手紙と写真が隠されていた。かくして彼は、示された住所へと向かうと、そこには寺があった。


行き倒れた寺で拾われ、そこは住職が亡くなり残された家族だけ、土地をわがものとしたい檀家総代からは立ち退きを迫られているという事情から、彼は跡継ぎの僧侶に扮して一芝居。ここで役者であったという経緯が効いている。


ちんけな詐欺師である彼自身と、住職の遺族との居場所を作るためのコンゲーム。 続くエピソードでも居場所のない遺骨をめぐる話が展開され、 そこでも主人公のひらめきが生きてくる。 なお住職の妻と連れ子という形で女性3人を用意して ハーレム的な要素を見せつつ、あくまでも彩り程度なのは適度なバランス。


【データ】
マツリセイシロウ、仏教監修=兎塚クニアキ
ゴールデンボーズ
【発行元/発売元】 スクウェア・エニックス (2020/6/25) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ ゴールデンボーズ 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ ゴールデンボーズ , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
見事なクズっぷりの詐欺師・銚子芳文は、ひょんな事から「里見機関」が残した莫大な隠し財宝の在り処を示した地図を手にいれる。ヒントに導かれるまま、たどり着いたのは――――「楽苑寺」お宝は間違いなく、ここにある!! だが、この寺には大きな問題が…。問題解決せずには、お宝探しは進まない状況で芳文が取った行動とは――――。仏教の尊さとは程遠い欲まみれお宝捜索劇、第一幕。


■当サイトの著者他作品レビュー
マツリセイシロウ/ひみChuの文子さま
【オススメ】 マツリセイシロウ/マイティ・ハート

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM