第61回 宝塚記念(G機_20200628

競馬関連記事です。


日曜重賞は春のG1最終、第61回 宝塚記念(G機法H妙なレースで大阪杯がG1に昇格したなか必要なレースなのか?と疑問もあるが…安田記念見た後だと見劣り感半端ないんだよな…とはいえこのレースがG1であるおかげで、ハギノカムイオーやメジロライアンやサイレンススズカなどはG1馬として扱われるわけなので…

過去10年のうち、8頭は前走負けての参戦。全馬で2200M以上の勝ち鞍あり、アーネストリー以外は重賞勝ちあり。ナカヤマフェスタとドリームジャーニーを除いて京都2000M以上の重賞勝ちあり。菊花賞やエリザベス女王杯勝ち馬などが該当するので。さすがに重賞未勝利での制覇はない。というか連対もないのか?そういう点でG1としての格は確かにあるレース。 重賞未勝利で馬券になったのは過去10年で2018年3着のノーブルマーズのみ。まぁ古馬G1なので重賞勝ってから出て来いよって話ではあるが…。

◎16クロノジェネシス ○5サートゥルナーリア ▲12モズベッロ △11ラッキーライラック 大阪杯も安田記念も牝馬が勝ってるどころかワンツーですから、もはや夏という気候でもありますし、牝馬が強いと思いますが…。

もしあたったら本ブログのおかげなのでアフィリエイト経由で何か買ってください。外れた場合は自己責任です念の為。当方の予想は過去数走の着差とそのレースの格に注目する手法で機械的に計算し上位4頭選ぶスタイル。中央重賞は◎の単勝と馬連・馬単・3連複・3連単のボックス買い推奨、地方は単勝買わず(負けが続いている場合は平均回帰を考え買います)、障害未勝利は経験馬重視で単勝推奨。年間均等買いで過去実績プラスですが実績は所詮過去の平均値でしかないのでご留意を。



本日、障害競走の実施はありません。

【結果追記】第61回 宝塚記念(G機法16クロノジェネシス→-14キセキ→▲12モズベッロ ここでも牝馬が強かった。6馬身差の圧勝。しかし2着はキセキか…それは買ってないわ…。単勝410円。

前回の振り返り: 障害競走_第22回 東京ジャンプステークス_20200627

第22回 東京ジャンプステークス(J・G掘-6ラヴアンドポップ→▲11フォワードカフェ→-10マンノグランプリ なるほど。前走競走中止もその前は阪神ジャンプステークスでアップトゥデイトと0.1秒差2着なので買えない馬じゃない、オッズはつきすぎ…ともいえないのが府中実績は前走競走中止、好走時の鞍上は高田潤騎手、ということで人馬を信じた人が偉い。買いづらいのは寧ろマンノグランプリのほうだったと思いますが。しかしトラストは、難しいね…。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM