江島絵理/対ありでした。 〜お嬢さまは格闘ゲームなんてしない〜


対ありでした。 〜お嬢さまは格闘ゲームなんてしない〜 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) (amazon), 対ありでした。 〜お嬢さまは格闘ゲームなんてしない〜 (honto)

■「ハイスコアガール」のプリミティブな要素を換骨奪胎した作品。 それを女子同士でやるところがポイント。

お嬢様学校が舞台の話。エスカレータで高等部になっても同じ顔ぶれななか、 美人の外部生が入学してきて皆の評判に。とはいえ物語の主人公も同様に 外部生であるのだが…特待生枠で入学した主人公はお嬢様オーラを纏いたいと あこがれていた。そんな主人公が、彼女と接近遭遇することになる。


史料室でひとりノートパソコンにゲームをつなぎ格闘ゲームをしている美少女。 対戦に勝利し歓喜する彼女を目撃した主人公は、どうか後生だから先生に言わないで、 と懇願される。全寮制のこの学校ではゲームが禁止されているのだった。


彼女はその後も主人公にロックオン。口止めできているか気になるのか?と思いきやそうではなく、主人公が口走ったゲーム名と指ダコに注目し、ゲーマーだと見込んでいた。ということで、実は主人公も…という話に。ゲームに感情を露出する彼女に引き込まれ、主人公もかつてもっていたプリミティブな思いを呼び起こす。格ゲーにのめりこんでいたかつての主人公は、友人たちがみなゲームから離れていったことで対戦ゲームだけに相手がいない以上、自分も興味を別に移さざるを得なかったのだった。


要するに「ハイスコアガール」の換骨奪胎、女子高校生でやるので絵は麗しい。ただしゲームに関しては架空のものとしているので、盛り上がりはいかんともしがたい。まぁ、安全策をとるほかないのか。


好きなものに本気で打ち込む人たちは美しい、という意味ではよい話。ただ、この後は、 学校でいかに見つからずに対戦できるか、そして二人がどこまで仲良くなるか、くらいな ことしかなさそうなため、物語として弱い点が気になるところ。


【データ】
江島絵理
対ありでした。 〜お嬢さまは格闘ゲームなんてしない〜
【発行元/発売元】 KADOKAWA (2020/6/23) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 対ありでした。 〜お嬢さまは格闘ゲームなんてしない〜 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 対ありでした。 〜お嬢さまは格闘ゲームなんてしない〜 , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
お嬢さま学校に入学した綾は袋ラーメンを愛する庶民。 そんな彼女は校内一のお嬢さま「白百合さま」に憧れる。 ある日彼女は、「白百合さま」が対戦格闘ゲームに熱く興じているところを目撃する。 学内で格ゲーをしていることを口止めされた綾だったが、格ゲー特有のタコで経験者だとバレてしまう。 「白百合さま」は綾との対戦を望むのであった。 お嬢さまたちの熱き格ゲーの幕開け!



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM